« 日頃は高くないんです(その1) | トップページ | 血圧は何度も測らない! »

日頃は高くないんです(その2)

高血圧なんて全く縁がない、と思いこんでいる人の中に、ずっと血圧が高いままの人と同じくらい脳卒中になりやすい人がいます。実は、病院や健診の時だけ血圧が正常の人も少なくないことが分かってきました。これを「逆白衣高血圧」とか「仮面高血圧」とか云います。

朝だけ高くなる「早朝高血圧」は、起きて顔を洗ったり朝食を取ったりするうちに下がるパターンで、昼間には正常になるので自分が高血圧だと気付きません。高血圧のクスリを飲んでいる人にも時々みられますので、クスリを朝に服用する人は必ず朝の服用前の血圧を基準にしてください。内服前の血圧が高いのであればコントロールは不良です。睡眠時無呼吸の存在が隠れている可能性もあります。

昼間、仕事中にはいつもカリカリして血圧が上がっているのに、何故か健診の時だけは正常、というパターンの人もいます。「職場高血圧」とか「職場環境下高血圧」と云います。こういう仕事人間パターンの人もまたあるとき突然脳卒中になる危険性があるのです。

日本人の高血圧は、症状がありません。「具合が悪いときに血圧を測ったら高かった」というのは当たり前のことで、極端に高値でない限りは高血圧症とは関係がありません。今は、家庭で血圧を測ることが推奨されています。自分の日頃を良く知っておいてください。1回しか測れないなら、朝起きてトイレに行った後の血圧を、もし2回測れるなら夜と朝の血圧(大きな差がないのが理想)を測ってみるとよいと思います。休みの日だけでもかまいません。それが、本当の意味での「日頃の血圧」です。

|
|

« 日頃は高くないんです(その1) | トップページ | 血圧は何度も測らない! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日頃は高くないんです(その1) | トップページ | 血圧は何度も測らない! »