« 旅の心得 | トップページ | スポーツドクター »

猫背と下腹

昨年、元上司の還暦祝いの宴に参加しました。赤いちゃんちゃんこ姿のシルエットをみると猫背の曲がった背中が殊更目立って、本当に歳をとったなあとちょっとショックでした。彼は若いときからちょっと猫背気味でした。いつもちょっとうつむき加減でセカセカ急いで歩いていた印象が私にはあります。

あるパーティで、ある保健師さんの下腹が急に出てきたのに気づいて驚きました。ある年齢になれば女性の方には間々ある変化なのですが、彼女もまたいつも前屈み気味に猫背で早歩きしている印象があります。

猫背の人はいつも下腹の筋肉が緩んでいます。逆に、下腹の力が緩むから猫背になるのかもしれません。猫背になるとバランスを取るためにどうしても下腹を前に突き出す格好になります。ちょうど類人猿のような格好です。歳をとってくると腹筋が弱ってくるためにどうしてもそうなりがちですが、最近若い人たちにもそんな格好の人が増えてきているのがとても気になります。基本的に下腹の筋肉に力を入れない生活をしているからだと思います。家ではソファにごろ寝するか椅子に浅く腰掛けているので、ほとんど腹筋を使わなくても楽に生活できます。テーブルがあればいつも肘をついています。そんな生活を続けていると腹筋が退化して腸がだらんと下がってしまって下腹ぽっこりになりますし、そのうちその周りに脂肪が溜まってしまって一層脹らむことになります。

大変でしょうけれど、若いうちからいつも下腹に力を入れて極力背筋を伸ばす生活を心がけてほしいものです。それを習慣付けるだけで、腹がすっきり格好良くなるとともに確実にダイエットできるはずです。運動不足が気になっている方は是非やってみてください。かく云う私も基本が猫背ですので、最近は意識して背筋を伸ばして下腹を引っ込めるようにして歩いています。疲れますが、効果はあります♪

|
|

« 旅の心得 | トップページ | スポーツドクター »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515037/10662793

この記事へのトラックバック一覧です: 猫背と下腹:

« 旅の心得 | トップページ | スポーツドクター »