« タバコがなくならない | トップページ | チャンピックス »

タスポ

成人識別たばこ自動販売機「タスポ」が世に出ました。わたしは全然興味がありませんが、基本的にはこの取り組みは意味がなかったという意見が大勢です。でも、きっとなくならないでしょう。国が財源になるタバコの自販機を失くしたくないので講じた手段だといわれています。どうしても吸いたい子どもたちは成人である先輩や親のタスポを使うでしょうが、単なる好奇心の子ども達が面倒くさがって吸わなくなるなら意義があると思います。

一方、タバコ自販機をかかえる小売店にとってはタスポは大不評らしいです。 「買うのが楽なコンビニにお客さんが流れるのは分かりきっている。この店も続けられるかどうか」と話すタバコ店の店主の話がでていました。タバコ屋さんの中には廃業する店も少なくないと聞きました。また実際のタスポ認識装置の設置費用は自販機メーカーの負担です。1台10~12万円もする機械を新規導入してもタスポを使う人が増えないのならメリットが薄く、もう作らない方が得という小売店もあるそうです。せっかくタバコの世界から足を洗うのだから、彼らにはもう少しの補助を出してあげても良いのじゃないかしら。対面販売のコンビニでの売り上げが上がるだろうと考えられていますが、身分証明書などの提示をどこまでいい加減にするかが売り上げに大きく関係するというのも皮肉なものです。ホテルや居酒屋では「タスポ貸します」という店が出始めたというニュースが昨日の新聞に出ていました。

タバコ事情が何か少し変わろうとしているのは事実です。が、医療現場がタバコ規制の大きな働きかけをしようとするたびに責任者が某お偉いさんに呼び出されて露骨に脅される国です。自らが自らの身体を守る(あるいは家族を守る)以外、誰も自分を守ってくれない国だということは知っておいたほうが良いでしょう。

ところで、わたしがいつも宝くじを買う(とても良く当たると有名)大分の某タバコ店は、宝くじのために何とか存続してほしいです。

|
|

« タバコがなくならない | トップページ | チャンピックス »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タバコがなくならない | トップページ | チャンピックス »