« 内臓脂肪の誤解 | トップページ | 船の舵取り »

ガス漏れ事故

2年位前、北海道のある街でガス漏れ事故が起きました。街の地下を走っているガス管が老朽化し一気に噴出してしまって街の機能が麻痺したものです。でも、実はそのはるか前からガスのような臭いがすると市民から苦情が出ていたそうです。「大したことはないので心配ない」というのがそれに対する行政の返事でしたので、その後非難囂々(ごうごう)でした。

このニュースを知ったとき、何かに似ていると思いました。「動脈硬化」です。「動脈硬化」という、目に見えずに実体を確認し難い難敵は、まるでガス管が壊れるように、あるいはダムが決壊するように、何の前触れもなく突然壊れて脳梗塞や心筋梗塞を起こします。でも、決して突然に生じた異常ではありません。動脈硬化は水面下で徐々に進んでいきますが、よほど進行しない限り何の症状もありません。そして大して進行しなくてもあるとき突然壊れます。難儀です。ただ、健診を受けて、動脈硬化の危険因子がたくさんあることを毎年指摘されている人は星の数ほどいます。せっかくの警鐘に対して、「まだ、大したことはないから大丈夫」・・・そう思っている人はいませんか(そう説明している医者が少なからずいますが)?

全くもってガス漏れ事故と同じじゃ!(篤姫の口調で)

|
|

« 内臓脂肪の誤解 | トップページ | 船の舵取り »

心と体」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔します。突然で申し訳ありません。SWING-BYの掲示板でイーダさんとキノシタさんがこのブログのお話をしていたので、覗いてみました。本当に良いブログです。専門用語は良くわからない感はありますが、自分は最近喘息と診断されました。今治療中です。ですが以前からやっていたタバコは、良くないと思いつつやめられません。今、少しずつ量を減らし、軽いタバコに替え禁煙に向って一歩ずつ進んでいます。仕事にタバコを持っていかないとか色々工夫をして、タバコが必要となくなる日が来る日を早々に迎えたいです。

また、時々お邪魔します。いつの日かお会いできる日を楽しみにしてます。それでは・・・。

投稿: つるはら | 2008年6月21日 (土) 09時03分

つるはらさん
コメントをありがとございました。先日は公演お疲れ様でした(「お疲れ様」って褒め言葉じゃないのであまり好きではないんですが)。ブログを始めた頃は出来るだけ平易な表現をするように気を遣っていたのですが、徐々に医療関係者向けっぽい表現になってきたのでしょう。これはいけませんね。初心に戻らせていただきましょう。
大気汚染や日常生活での化学物質の氾濫で、成人になってからの喘息の患者さんは増えているようです。タバコだけが犯人ではないですが禁煙を考えるにはいいきっかけですので、焦らず減らしていってください。ただ、軽いタバコにするのはあまりいい事ではありませんので、ご助言いたします。ちなみに、佐伯市内で禁煙外来(保険診療)があるところは、長門記念病院、池田医院、曽根病院だそうです。喘息は平素の生活習慣が大きく影響します。不規則生活の是正(この歳では難しいですよね)やうがいの習慣づけの意識もお持ちください。
それではまたおいでください。

投稿: ジャイ0425 | 2008年6月21日 (土) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内臓脂肪の誤解 | トップページ | 船の舵取り »