« 間違いさがし(その1) | トップページ | 「情けは人のためならず」 »

間違いさがし(その2)

もう一つ紹介します。

*****************************

妻 「ほらみてごらん!だから云ったでしょ!わたしはいつも『食べ過ぎだ』って注意するんですよ。でも全部食べてしまうんですよ、この人。」

夫 「人間がいやしいんでしょうね。もったいないので全部食べてしまいます・・・。」

*****************************

これはどうでしょう。ご夫婦一緒に健診結果を説明しているとよく聞く会話です。何が悪いのでしょう?

これはとても単純明快です。「作った奥さん」が悪い。「作ったものを全部人の前に出した奥さん」が悪い。目の前にいっぱい誘惑を並べておきながら、「残していいからね」とご託を並べられて残せるほど、日本人の心は甘くはありません。もし残せるとしても、どうせ嫌いなものしか残さないのは目に見えています。「『残す努力』よりも『作らない勇気』」です。そうはいってもねえ・・・と思っているあなた、まあ試しにやってみてください。大したことではありません。面白いですよ。

もっとも、「だって、作らないと『何かないんか?』『オレを殺す気か!』と怒り出してうるさいから、黙らせるために作るんですよ。」と裏事情を話してくれる奥さん。旦那はとてもバツが悪そうですが、この会話をしたことで、きっと何かが変わってくれるでしょう。もちろん、キツネとタヌキの化かし合いです。結局、お互いに相手のせいにすることで正当化している真実にあまり踏み入るとしっぺ返しを食らうので、苦笑いを誘った辺りでさっと話を変えることにしています。

|
|

« 間違いさがし(その1) | トップページ | 「情けは人のためならず」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間違いさがし(その1) | トップページ | 「情けは人のためならず」 »