« 「眠らない冬眠」(後編) | トップページ | デジタル時代のアナログ »

糸こんにゃく

糖尿病になりやすい体質を持つ人は、物を食べた後に普通よりちょっと血糖値が高くなります。これを「食後高血糖」といい、このときに動脈硬化が進行していくのだということがわかってきました。ですから、この体質の人は、糖尿病になっていなくても日頃から血糖を跳ね上げないような食べ方をすることが大切です。Soyjoyは「低GI食品」が売りです。蕃爽麗茶のキャッチコピーは「食後の血糖の吸収を穏やかに!」です。いずれも、食後高血糖をターゲットにしています。世はそういう時代です。

というわけで、この体質の方に話をするときに、「要するに、『そこにあるスキヤキを全部食べてもいいよ』と云われたら、最初に肉にいってはダメ。まずは糸こんにゃくか野菜から手を出して、最後に肉にいってください、ということです!」と説明しています。

先日、久しぶりに家でスキヤキをしました。うちではスキヤキ奉行はいつも妻です。最近買った携帯型IH調理台に鉄釜を乗せてせっせと準備をしてくれました。美味しそうな臭いが漂ってきます。「もうそろそろいいわよ!」というので、箸と器を持って乗り出しました。・・・糸こんにゃくが、ない。「こんにゃくは?」と彼女の顔を見上げると、彼女の手には糸こんにゃくの袋。「こんにゃくはすぐ火が通るから、入れるのは最後でしょ!」と一蹴されました。そうかあ。現実的には、「最初に糸こんにゃくを!」なんて平気で云ってはいけないんだな、と反省した次第です。やむを得ず、春菊と豆腐を取りました。熱くて火傷しそうでした。でも、やっぱスキヤキは旨い!ビールも旨い!

|
|

« 「眠らない冬眠」(後編) | トップページ | デジタル時代のアナログ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「眠らない冬眠」(後編) | トップページ | デジタル時代のアナログ »