« かけ出し医者の年賀状 | トップページ | 理不尽なきっかけ »

振り子

「最近の調子は、どうよ?」・・・ときどき自分で自分に問いかけます。

わたしの心はまるで大きな振り子のようです。むかしのわたしは、いつでもどこでも何をするにも大きく振りかぶっていました。自分ではあまり気付いてはいなかった、というより、そんなことはないと思っていました。それが当たり前の姿だと思っていたのかもしれません。大きく振り上げるとどうしても重心がブレてしまいます。そして大きく振り上げた分と同じ大きさで大きく振り下ろすことになります。しかもついつい力が入ってしまうのです(まるで、下手くそなわたしのゴルフスイングのようです)。当然、その反動は気付かないうちに大きな衝撃となって返ってきました。繰り返すうちにわたしの心は疲れていきました。時には大きすぎる衝撃にぶちのめされました。

最近は振り上げる幅があまり大きくないから反動も大したことはないみたいです。心の揺れが少ないということは、安定してきているということだから良いことだと思うことにしました。ゴルフスイングに例えるなら、ブレも少なくてゆっくり振れるから意外にジャストヒット!グゥート・ショォットォ!ナイス・オォ~ン!

うつ病につながったこともあるわたしの心の動きを振り子の動きに例えてみましたが、実は最近のわたしの心の振り子はもっと三次元に振り回されていることに気付きます。「仕事」という平面の上を右往左往して一喜一憂するだけだったむかしと違って、人生にはもっと他の面が無限にあることに気付くことができました。一つの平面だけを見つめるからスイング幅ばかりが気になるのです。世界が球状だと気付くことができた瞬間に、世界は突然に無限大になります。おもしろいものだなあと思います。

|
|

« かけ出し医者の年賀状 | トップページ | 理不尽なきっかけ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かけ出し医者の年賀状 | トップページ | 理不尽なきっかけ »