« 「アタマの理想とカラダの理想」 | トップページ | 低炭水化物食の台頭 »

高血圧治療ガイドライン2009

1月16日に「高血圧治療ガイドライン2009」が日本高血圧学会から発刊されました。

病気のガイドラインというのは、時代に合わせて数年ごとに改められます。2004年に改正されたときには「仮面高血圧」の考え方が加わりました。このときに「家庭血圧」を測ることがいかに大切かが示されました。健診や病院の血圧よりも自宅や職場の血圧が高い人が世の中にはたくさんいることが分かってきたからです。そして、家庭血圧135/85mmHg以上を高血圧症と定義されました。

ところが、高血圧の定義は決められましたが、じゃあいくつに下げたらいいのか(降圧目標値)が決められていませんでした。診察室血圧140/90mmHg以上を高血圧症といいますが、治療するときにはそれ以下にしておけばいいのではありません。他に病気がない人なら診察室血圧は130/85mmHgより低くすることを目標にすることになります。それと同じ様に、家庭血圧の降圧目標値を作らないと実際にクリニックの先生は患者さんに指導することができません。そこで、今回の新ガイドラインでは、家庭血圧の降圧目標値を125/85mmHgと定めてあります。どうです?凄いでしょう。いつの間にか世の中は、こんな低い値が血圧の基準になっているのです。

でも、家で自分で測る血圧にはそれなりにバラツキがありますし、測り方や血圧計の差がありますから、あまり細かすぎる数値基準を作っても意味はないような気がします。あくまでも大雑把な目安として考えた方が気が楽です。ま、とにかく、まずは自宅血圧や職場血圧を測ってみることが先ですね。

|
|

« 「アタマの理想とカラダの理想」 | トップページ | 低炭水化物食の台頭 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アタマの理想とカラダの理想」 | トップページ | 低炭水化物食の台頭 »