« 段取り達人 | トップページ | あるとき突然やってくる。 »

計画表

わたしは、段取りを立てること自体はキライではありません。というか、それなりの段取りを立てておかないと落ち着きません。待ち合わせが何時だから、何時に家を出て、そうすると何時に起きないといけないかな、などといつもアタマの中で考えています。「まあ、何とかなるさ」と口で云いながら、本心は気が気ではないのです。

若い頃は、まず必ず計画表を作りました。「夏休みの過ごし方の計画」は、作りはしますがそのまま実行できた試しはありません。でも、作らないと落ち着かないので必ず初日に作ります。作ること自体が楽しい作業で、好きです。「期末試験や中間試験の勉強計画」は、カレンダーを使って細かく書き込みました。きちんと予定通りにできるとそれだけで無性に嬉しかったものです。もっとも、それで成績が良かったかというと、それとこれとは別の話です。今の仕事になってからは「講演の準備計画書」や「学会準備の計画書」(つまり本番がいつだからこの日くらいから取りかかってこの日ぐらいには作り上げるなどのスケジュール決め)などがあります。いつも本番の1週間以上前には準備が整ってしまい、かえって本番のころには内容をすっかり忘れていたりしました。

そんな段取り屋のわたしの様相が、最近変わってきました。計画表を作るのが面倒くさくてたまりません。講演の準備にしても、数日後に本番なのにまだ何も始めていない、なんてことが珍しくなくなりました。今も、明日が〆切の原稿にまだ手を付けていません。どうも、この「面倒くさい」ということ自体が、老化の表れなのだと云われました。

でも、まあ、何とかなるでしょう(今回のは間違いなく「逃避」ですね)!

|

« 段取り達人 | トップページ | あるとき突然やってくる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 段取り達人 | トップページ | あるとき突然やってくる。 »