« ごはんは楽しみですか? | トップページ | さいごまでたたかう »

アスタキサンチン

ある薬品メーカーの人からアスタキサンチンという物質を配合した新しいサプリメントの試供品をいただきました。

そのパンフレットによると、「アスタキサンチン」には強力な抗酸化作用があるのだそうです。抗酸化はすなわちアンチエイジングです。具体的には、細胞の炎症を抑え、潰瘍や筋肉の痛みを修繕し、体脂肪の増加を防ぎ、糖尿病を予防し・・・おそらくそれらの働きの中心は、動脈硬化を予防することで有名な脂肪ホルモン「アディポネクチン」が低下するのを抑えることによるのではないかと思いました。だから、現代病の代表「メタボリックシンドローム」の予防と治療に最適な健康補助食品(栄養補助食品)という謳い文句になるのでしょう。

そんなこと云われたって、「アスタキサンチン」なんて初めて聞くぞ!と思いながら家に持って帰ったら、家にあった牛乳屋の広告のトップに「食事・運動+この1本『毎日の健康習慣に』 話題の『アスタキサンチン4mg』配合!」と書かれた文字が目に入り、正直びっくりしました。わたしが知らなかっただけなのかしら。

アスタキサンチンは「赤色の色素」のようです。だから魚の赤身の一部はこれによるのかもしれません。この商品は藻から抽出する天然色素だから安全!というのも売りのようですが、多いのは鮭や甲殻類(カニ・エビなど)みたいですからアレルギーの人はちょっと危ないかもしれません。

「試してみて感想を!」と云われました(試供品だから当たり前ですか)が、試して直ぐに何かが変わるというのでしょうか?アディポネクチンの採血をするわけでもないのに。でも幸いなことに1週間後には職員健診があります。まさしく「渡りに船」です。とりあえず、せっかくいただいたので飲んでみましょう。

|
|

« ごはんは楽しみですか? | トップページ | さいごまでたたかう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごはんは楽しみですか? | トップページ | さいごまでたたかう »