« アメリカンジョーク | トップページ | 臓器移植(前編) »

ジェネリック

「ジェネリック医薬品」とは、「後発医薬品」のことで、いわゆる「ゾロ品」です。

ひとつのクスリを開発して発売するまでには莫大な金と労力が要りますので、発売後ある期間だけそのクスリの作り方に特許権が与えられます。その期間が過ぎたあと、他のメーカーが同じ成分を使って同じ作り方で作るクスリをジェネリックというのです。あちこちでゾロゾロと作られるので「ゾロ品」。昔はジェネリックの仕入れ値が安いため薬価との差(収益)が多かった事情もあり、信頼に欠けるゾロを金のために採用するのは一流の病院やクリニックでやることではない、という風潮がありました。今は薬価差が修正され、医療費削減や受診者の負担軽減のために、逆に積極的にジェネリックへの移行が薦められています。

ただ、同じ主成分を使い、同じ作り方のマニュアルを使って作っても、先発品と同じ効果が理論どおりに出ないことは少なくありません。「替わったクスリは効かないから前のに戻してほしい」と患者さんに云われたゾロ品はいくつもあります。医療者は、「それは気のせいです。だってメーカーが違うだけで”まったく”同じものなんですから」と口では云いますが、根拠はないけれどそれは真実だろうことを薄々感じています。

ある抗生剤のジェネリックBとジェネリックCがあって、「Bはまあまあ効くけど、Cは全然効かないよね」というのが実際の小児科の現場で今ちょっと話題になっています。患者さんの自覚症状の改善の有無ではなく、熱が下がるとか炎症が治るとかですから、結果は明確に出ます。許可を受けて堂々と売られているクスリだから名前は出せませんが、それって「ゾロ品」じゃなくて「バッタモン(=にせ物)」ていうんじゃないのかしら?それを分かっていて処方するのは犯罪と同じなんじゃないのかしら?とか、思わないでもありません。

|
|

« アメリカンジョーク | トップページ | 臓器移植(前編) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカンジョーク | トップページ | 臓器移植(前編) »