« 肌荒れ | トップページ | 新システム »

割り込み

阿蘇路を運転している途中、何度か片道二車線が一車線になるところがあります。小心者のわたしはかなり前の時点から本線の方に入り込みますが、追い越し車線側を行き止まるまですっ飛ばして割り込むドライバーは昔からたくさんおります。

追い越し車線をすっ飛ばすドライバーの大半が確信犯です。バックミラーに勢いよく近づいてくる車を見つけると身構えてしまいます。「あいつはオレの前に割り込む気でいるから絶対に入れさせないぞ」と、意図的にエンジンを噴かして前を走る車との車間距離を詰めるのです。

その一台が自分の前に入ったところで、わたしの行く末に大した影響はありません。自分の車線が渋滞するのは自分よりはるか前で割り込み車が多いからであって、わたしがどんなグチをこぼしても無駄であることくらい分かっています。わたしの前に入れさせなくても、前の車の前に入るなら同じことのはずです。なのにこうカリカリするのは自分のこころの中の問題です。ただ単に、要領よくいけしゃあしゃあと生きている人間が許せないというだけのことです。

おもしろいもので、余裕(「時間の余裕」は絶対あるのでこの場合は「こころの余裕」です)があれば、入ってこれずにじっと待っている車に「はいどうぞ、お入りください」とパッシングしたりします。まあ、いうなれば割り込みを許すかどうかは、わたし自身のこころの鏡の反映です。

わかってるんですけど、今日も今日とて、なかなか悟れません。

|
|

« 肌荒れ | トップページ | 新システム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肌荒れ | トップページ | 新システム »