« 肥満の遍歴 | トップページ | モスキート音 »

片噛み

ある日、鏡を覗いてみたら、顔が歪んでいました。左半分の顔面が麻痺してしまう「顔面神経麻痺」ではないかと心配しましたが、筋肉の動きや力が右側より弱いということもなさそうです(自分で試してみただけですが)し、水を含んでも左から漏れたりしません。なのでちょっと安心しました。

どうも左頬が腫れている感じです。「おたふくかぜなんじゃないの?」と云われましたが、熱も痛みもないし何よりリンパ節自体が腫れていません。自己診断で、歯か歯肉の炎症からきていると決めました(歯科には行ってませんからあくまでも憶測)。いつも左の奥歯近くが気になって、食後はいつも歯間ブラシや爪楊枝でゴシゴシ。ときどき血が付いたりしていたのです。片噛みをすると顔が曲がってきて、頭痛や肩凝りの元になる、ひいてはカラダ全体の骨格が歪んできたり免疫力が落ちてきたりすると云われます。わたしの顔は基本的に子どものころから傾いていまして、耳の高さがそもそも左右で大きく違うのでメガネやマスクをすると妙竹林なバランスの顔になります。それだからというわけでもありませんが、むかしから片噛みしないように意識してきたつもりでした。でも食事中にふと気づくと必ず左で噛んでいました。腫れた左側を使わないように、食事のときは右で噛むようにしよう!と思って食卓に付きますが、意識しない限りいつの間にか左に戻っているのです。

先日から、「ながら」をしないで右で噛むようにしてみました(何かに意識が向かっているとすぐ左に戻るのです)。今まで慣れっこでいい加減だった噛み方が本当に一噛み一噛み意識されます。久しぶりに良く噛みます。こりゃ大変だけど、なかなかおもしろいわと思いました。いつの間にか、歪んだ顔が少しまともになってきたように感じました。

|
|

« 肥満の遍歴 | トップページ | モスキート音 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肥満の遍歴 | トップページ | モスキート音 »