« サザエさん | トップページ | 厳しい上司がいる。 »

うつ病記

ある薬品会社が企画・発行した小冊子のマンガ「うつ病記」(はやしたけはる著)を以前たくさんいただきましたので、あちこちに配ってまわりました。今回、ちょっとだけメンタルヘルスの講義をすることになったので、久しぶりに引っ張り出してきて読みました。以前読んだときよりも共感する部分が多くなったのは、それだけ同じような場面を現実に経験してきたからなのかもしれません。

***********************************

仕事が忙しくなった。かかえていた仕事が遅れてきた。会社に行く足取りが重くなった。

→なかなか眠れない。仕事の夢を見る。うなされる。頭痛が続く。めまいがする。食欲がおちる。胃が痛くなる。吐き気が続く。集中力がなくなる。

→ 『責任感とプライド』が邪魔をしてギブアップできない!

***********************************

病院に行った。「過労だ」と云われた。

→体調管理のために九時五時の仕事になった。複雑な仕事は他の人に回した。みんなが残業する中、自分だけ帰る。なぜか考えが上手くまとまらなくなった。楽になったけど、ボーっとする時間も増えた。

→ 『私の存在意義』って何だろう?私は今、何をしているのだろう?

***********************************

著者はこうやってうつ病になりました。今のわたしも、この中のある地点で同じようにして佇んでいる気がします。

|
|

« サザエさん | トップページ | 厳しい上司がいる。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サザエさん | トップページ | 厳しい上司がいる。 »