« 「人は聴いてもらえないと動かない」 | トップページ | いっぱい食べても脂肪抑える化合物発見 »

目標達成術

メディカルサポートコーチング(奥田弘美先生)の今回の講義のメインはこっちでした。

「マイゴール(自分の目標)」を設定し、それに対してメリット・デメリットを書き並べ、さらに具体的なゴールした姿をイメージしてビジュアル化する。次に具体的に何をしたら達成できるかを書き並べた上で、何からするかを決めていくのです。他のコーチングのセミナーでも、あるいはあるネットビジネスの研修会でも同じようなことを教わりました。これはコーチングの基本的な手法ですので、とてもいい方法だとわたしも思います。ただ、やはりわたしは、こういう研修の場だから、あるいはどこかに相談に行った先だったり、グループでやっているときだから、できるのだと思ってしまいます。だれからも「書いてごらん」と云われないのに、だれも見ていないのに、自分だけで「書く」という作業が習慣になっていないのです。自分に素直になって自分の心の中で「自分を見つめて考える」ということは割合抵抗なくできることです。なのに、それを文字にして形にするという行為が、どうも気恥ずかしいのです。

それでも今回は「演習」でしたので自分でもやってみました(もちろん、「やれ」と云うからやるのですが)。「まず『私の達成したいこと』を書いてください。何でも良いです。」・・・先生は軽い口調で云いました。ハタとペンが止まりました。そうだった!まず第一に、私は「自分の達成したいこと」がはっきりしないのだった!書いては消し書いては消しした挙句に、やむを得ず、「酒をやめたい」と、アル中のオヤジらしく殊勝なことを書いてみました。メリット・デメリットも書き並べました。・・・そして最後に、「とりあえずやること」として「帰ったらすぐ犬の散歩に行き、家に戻ったらすぐに大量のお茶を飲む」と書きました。「いつからしますか?」の問いには「あしたから」・・・。

「今夜からする!明日朝になったらもう今の心は半分になってますから、必ず『今夜から』何かをしてください!」・・・日頃の講演で、いつもそう話している私ですのに。

|
|

« 「人は聴いてもらえないと動かない」 | トップページ | いっぱい食べても脂肪抑える化合物発見 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人は聴いてもらえないと動かない」 | トップページ | いっぱい食べても脂肪抑える化合物発見 »