« 電子タバコに注意 | トップページ | 「こころの耳」 »

あ~腹減った!(続編)

ここ数週間頑張ってきたわたしのダイエット作戦はそれなりに功を奏しました。

今回のダイエット法に対して、「あ~腹減った!作戦」と名づけることにしました。とにかく、すっかり「腹が減った」という状態になるまで食べないでいるやり方です。本当に「腹が減った」という状態をきちんと経験した後にモノを食べると、意外にも、ほんの数口で腹は満足して満たされてしまうものだと分かりました。満足するまでにもっと大量の食べ物がいると思い込んでいたのは間違いだったことに気付きました。目の前に大量の食べ物を並べてしまうと、食えなかった分を取り戻さなければ、と真面目なアタマが早合点して、ガサガサと口の中に放り込んでしまう。「食べる」という行為とは程遠いことをやってしまうから、「食事を抜くと太る」と云われるのでしょう。

カラダが<空腹感>を実感した後に軽く盛られたおかずを口に入れると、<食べること>の喜びを感じることができます。どんなものでも「おいしい!」と感じます。噛めば噛むほどおいしさが口中に広がってきます。この満足感が感じられるとしめたものです。<「満腹感」と「満足感」は違う>を実感できる瞬間です。

先日も書いたように、「小腹が空いた」状態でモノを食べてしまっては元の木阿弥です。この状態でなにか一口食べてしまうと逆に食欲に火が付いてしまうようで、<似非飢餓状態>を作ってしまいます。皆さんが陥っている失敗でしょう。

やせる、やせないの問題は別にして、是非一度「腹が減ったぁ~~~」状態を経験してみてください。そしてその後で、食べることの有難さと喜びを噛み締めながら味わって食べてみてください。とても得した気分になれます。

|
|

« 電子タバコに注意 | トップページ | 「こころの耳」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子タバコに注意 | トップページ | 「こころの耳」 »