« 肥満と大気汚染 | トップページ | イルミネーション・ワールド »

不規則生活と高血圧

京都大学からは、「不規則な生活で塩分を摂ると高血圧症にないやすい」ことの原因を解明した、という報告が米医学誌「ネイチャー・メディスン」(電子版)に掲載されました。

京都大学大学院薬学研究科の岡村均教授(システムバイオロジー)らの研究チームが動物実験で突き止めたもので、生体リズムを壊したマウスの副腎からは体内の塩分量を一定に保つ作用があるホルモンが過剰に出ているのだそうです。さらにその副腎の遺伝子解析をしたところ、このホルモンを作る酵素(水酸化ステロイド脱水素酵素といいます)が普通の5倍以上生じており、そんなマウスに食塩を与えると容易に高血圧になったのです。つまり、不規則な生活を送ること自体が、直接、高血圧への<準備段階>を作り上げることになるのだそうです。

・・・「岡村教授は『この酵素は人にもあり、同じ作用をする可能性が高い』と指摘した上で『不規則な生活が不健康になる一面が科学的にも証明された。現代人の教訓にしてほしい』と話している。・・・今回の話題を紹介する文章は最後にこう締めくくられていました。

ん~。高血圧症を持ちその治療を受けているわたしとしましては、そして「不規則生活」の誘惑にいつも負け続けているわたしとしましては、「高血圧になりたくないから不摂生をしない」などという殊勝な気持ちになれるかなあ。なれないだろうなあ。イエ~ィっ!

|
|

« 肥満と大気汚染 | トップページ | イルミネーション・ワールド »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肥満と大気汚染 | トップページ | イルミネーション・ワールド »