« ビギッ | トップページ | 復職に当たって »

自分が好き

最近やっと、自分のことが<好き>になってきました。子どものころからずっと<大嫌い>でした。でっかい頭や低い鼻や田舎坊特有の顔かたち、長いとは云えないずんぐりむっくりの脚、他人に心を開けない上に何でも分かったフリをする性格、そのためにすぐに自分にも他人にもウソをつく習性・・・そんな自分の存在自体がイヤでたまりませんでした。異常に自信があった大学時代の自分の姿もまた<大嫌い>でした。

そんな自分を少しずつ認めるようになってきたのはここ10年くらいだと思います。ありのままの自分を肩肘張らずに表に出せるようになってきてからでしょうか。公私ともにとても楽になりました。最近は、なかなか理想通りにいかない自分も、「他人には厳しいけど自分には甘い」自分も、ひっくるめてなかなか可愛いヤツだと思えるようになりました。

昨日、久方ぶりに「えとうのひとりごと」を読みました。心理カウンセラーの衛藤信之先生のコラムです。知らない間にホームページがリニューアルされていました。まとめて読みあさりましたが、その中で2010.4.14の記事「『I Love me !』~本当の味方~」が今のわたしのココロに止まりました。・・・「セルフ・ラブ療法」~僕たちはいつも外の世界に気を遣って、自分を愛することを忘れています。自分の最高のパートナーは、配偶者や恋人ではありません。それは、自分自身です。自分が自分自身の最大のパートナーです。子どものころから、どんなに孤独なときや寂しい夜でも決して見捨てず見守ってくれた、自分の最大の味方は自分自身。いつもそばに居てくれた、そしてこれからもずっと一緒に居てくれる、自分の最高のサポーター・・・I love me!  I CAN LOVE ME !

|
|

« ビギッ | トップページ | 復職に当たって »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビギッ | トップページ | 復職に当たって »