« 夢のやせ薬? | トップページ | カラオケ »

犬脳のアンチエイジング

ココログニュース「愛犬の脳のアンチエイジングに中鎖脂肪酸」という題名に興味津々。

*****************
現在、日本で飼育されている犬の半数弱が7歳以上の高齢期といわれています。室内飼育や栄養状態の向上、獣医療の発達などにより、犬の平均寿命が大幅に延びたことで、人間だけでなく、犬にも高齢化の波が押し寄せてきているのです。年齢を重ねていくと避けては通れないのが老化。老化現象のひとつ、認知症の予防には、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸(長鎖脂肪酸の一種)の摂取が有効だとされていますが、ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸も脳のアンチエイジングに効果的なのだそうです。
*****************

<半数弱が7歳以上>というのに驚きました。子犬もたくさん居るはずだから、多頭飼いの家が多いというのか、それとも犬を飼う家庭が増えたのでしょうか。かく云う我が家のワンは12歳と1歳半の二匹です。

*****************
犬は7歳を過ぎると脳細胞でのエネルギー代謝能力が低下していくことからも、犬の動きがゆっくりとしてきたり、注意が散漫になったりしてきます。中鎖脂肪酸はエネルギーに変換されやすいので、低下していく脳細胞の機能を最大限に働かせるために必要なエネルギーを素早く供給していくことができるのだそうです。
*****************

こういうことを書かれると、12歳になる我が家の老犬が2年前までは小娘のような立振る舞いだったのに、最近急に婆さんのような動きになって耳が遠くなり足を引き摺ったり寝てばかりになってきたのが気になってしまいます。血便や下痢便を繰り返すようになったために<消化器サポートフード>つまり意図的に脂肪の少ない<低脂肪食>だけを食べるようになったのがちょうどその頃なのです。おかげでお腹はとても良くなったのだけれど、もしや脂肪が少なすぎてボケてきた、なんてことはないのだろうか?と。

・・・はい。親バカです。

|
|

« 夢のやせ薬? | トップページ | カラオケ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢のやせ薬? | トップページ | カラオケ »