« 歌舞伎座 | トップページ | 受診勧奨 »

入会勧奨

わたしたちの施設には、生活習慣病改善のために運動や食事に取り組むプログラム商品があります。もちろんそれなりの値段はしますが、その代わりそれに見合う以上の効果が得られる商品として自信を持って提供しています。

でも、思うほど入会者が増えてくれません。入会した人はほとんど全員が満足してくれるのですが、なかなか入会までこぎつけないのです。健診結果の説明や保健指導の時が入会勧奨の最大のチャンスなので、勧奨強化キャンペーンを何度も張りますが、どうもうまくいきません。何かヒトのココロを引き付けるノウハウがあるはず・・・行動変容を促す研修セミナーはたくさんあるのだから、入会勧奨の方法を教えてくれるセミナーもあっても良いような気がしますが、どなたか知りませんか?

以前、驚異的な入会者数をひとりで引っ張ってきた保健師さんがおりました。彼女が保健指導をすると極めて高い確率で入会を希望するのです。その秘訣は何?と聞きましたが、「自分では良く分からない。結局『熱意』ですよ。とにかく熱意を持って話してみれば良いんですよ。」という答え。それはスキルではなく彼女の持って生まれた天分なのかもしれません・・・。一般企業の営業マンでも、必ずしも口がうまい人の売り上げが良いわけじゃない、というのは常識。一体そこには何があるでしょうか?

基本的に医療者は営業マンではないので、高い金のかかる商品を押し売りするような行為は気が引けてなかなかできません。医者の結果説明で「何とかしなければならない」と思い、オリエンテーションでそんな人にピッタリの商品があるという話を思い出し、自分から「それ」の話を聞きたい、と意思表示してくれたらどんなに楽なことか・・・若い保健師さんたちは、やはりそんなことを考えてどうしても弱腰なんでしょうね。だって、別にノルマじゃなし、売れなくても困るものじゃないんですもの、ってところでしょうか。

|
|

« 歌舞伎座 | トップページ | 受診勧奨 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎座 | トップページ | 受診勧奨 »