« 初恋 | トップページ | 空腹時血糖 »

便意

「毎朝、起きて顔を洗っているときに便意があるんです。妻が、『朝食を摂ったあとならともかく、まだ何も食べていないのに便意があるのはおかしい!』と云うので、検査してもらいに来ました。」

そう云って人間ドックを受けに来たのは40歳の痩せ型の男性でした。

「下痢なんですか?」
「ごく普通です。」
「何度も行くんですか?」
「いいえ、せいぜいあと1回行くことがあるくらいです。」

「心配要りません。それを『快便』と云うのですよ。人間のカラダは本来、夜中にカラダとココロを休ませる一方で腸管が働いて消化を促すんです。だから、『朝起きてすぐにウンチに行きたくなる』というのは一番理想なんです。」・・・彼の表情が、すーっと安堵の顔に変わったのがわかりました。

最近、便秘の子がとても増えてきました。小児科では、普通に小学生に下剤を処方するのだと聞きました。そんな歳から便秘のために下剤を飲む人生が始まるなんて、どう考えても尋常じゃありません。彼らは「けばる(踏ん張る、いきむ)」ということを知りません。トイレに座って、ただただ出るまで待っているだけなのだと聞きました。夜中まで起きている彼らが、朝まだカラダが起きていない時間にウンチをしようとしても出るはずがありません。結局時間がなくて出ないまま学校へ・・・。それを「おかしい」と懸念するのがお母さんの役目なのですが・・・、今の日本は、民主党の迷走程度の茶番劇とは比べ物にならないほどに何かが大きく狂ってきています。とても心配です。

|
|

« 初恋 | トップページ | 空腹時血糖 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初恋 | トップページ | 空腹時血糖 »