« カラオケ | トップページ | 講演原稿その1 »

白髪染め

白髪染めに憧れています。子どものころ、お父さんがしていたひげ剃りに対する憧れに似ています。

「月に何回くらい白髪染めするの?」
「月2回か二月に3回くらいかな。」
「ボクも染めてみようかなあ!」
「やめた方がいいよ。」
「だって、このゴマ塩頭を染めたら、5~6歳は若く見られるんじゃないかな?」
「そんなに若く見られたいんだ?」
「そりゃそうでしょ。アンチエイジング!」
「染め始めると続けて染めないと返って変になるし、急に黒くなると返って目立っておかしいよ。」
「そうかなあ。」
「あなたは若い時から少しずつ白くなったから、そのままの方が自然でいいと思うよ。」
「ん~。」
「白髪染めで皮膚を傷めて、返って歳をとることもあるんだよ。」

先日、床屋に行きました。今切ったばかりの私の髪の毛が床の上で灰色に輝いていました。黒と白が混ざっているから灰色に見えるのです。それを眺めていたら、つい最近、イヌの散歩をしているときに交わした妻との会話を思い出しました。

まだ当分、このゴマ塩頭と付き合わないといけませんかしら・・・。

|

« カラオケ | トップページ | 講演原稿その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラオケ | トップページ | 講演原稿その1 »