« ピンポイントの運命 | トップページ | 理屈で食う »

ながらウンチ

学生時代、先輩に本を持ってトイレに入る人がいました。トイレで読むのが一番落ち着くというのです。

わたしにはどうしてもそのマネができません。読むことに一生懸命になるとウンチをする行為自体を忘れてしまうのです。当時は和式トイレだったから、しゃがむ分だけ腹圧がかかってまだ良いですが、今どきのように洋式トイレが普通になると、もういけません。座っているだけではウンチは出ません。踏ん張らないと出ません。でも本を読んでいると意識がそっちに飛んでしまうので踏ん張ることを忘れてしまいますし、踏ん張っているときには小説の文字を頭に運ぶ作業を放棄するみたいです、わたしの頭は。

携帯メールも同様です。朝のトイレの間に必要なメールを打とうと思って持って入ることが時々ありますが、結局一文字も打てずに出てくるのが常です。

トイレで本や新聞を読む人は世間に少なくないと思うのですが、そんな世間の皆さんは、スムーズに排便ができているのでしょうか? ・・・不思議だ。

|
|

« ピンポイントの運命 | トップページ | 理屈で食う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンポイントの運命 | トップページ | 理屈で食う »