« チェーン店 | トップページ | スプーン »

アルバイト

先月から、放射線技師のアルバイトの若者が数名働きに来ています。大学院生なのだそうですが、そのいずれもがとても切れ味の良い仕事ぶりです。
「○○さま、おはようございます」「大きく息を吸って、止めてくださいっ」「○○さま、お疲れさまでした。次の検査は・・・」
云っていることは決まり切ったことばばかりなのですが、今どきの若者とは思えないような(ちょっと失礼か)ハキハキとした歯切れの良さ、受診者を顧客として扱う目線やエスコートの仕方など、どこかでみっちりと接遇研修を受けてきた者か、あるいは熟練した社会人のような様相で、彼らの仕事ぶりをみるにつけちょっと驚いています。

「お前ら、本当に若者かぁ?歳をサバ読んでないか?」なんて云いたくなる感じです。もしや、初めてアルバイトに派遣するので粗相のないように選び抜かれた代表選手ばかりなのかもしれませんが、それにしても粒ぞろいすぎます。

もっとも、わたしも、「研修医で、受け持った患者全員に手書きの年賀状を出すような医者は今までみたこともない。先生は本当はもっと年寄りなんじゃないの?フレッシュさが感じられないよ!」と、若い頃に近くの開業医の先生に云われたことがあります(「かけ出し医者の年賀状」(2008.12.15)。

そんなことを思い出しながら、彼らの立ち振る舞いに「若さがない」と云われようとも、やはりプロとして生きて行こうとするなら忘れて欲しくない何より大切なことだと思いました。これが、正式に臨床現場に入って忙しさに追われ、殺伐とした先輩たちに鍛えられるうちに、絶対に褪せてしまわないでほしいと切に祈ります。

|
|

« チェーン店 | トップページ | スプーン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: アルバイトの職歴 | 2010年7月29日 (木) 16時04分

アルバイトの履歴さん

コメントをありがとうございます。
またよろしくお願いします。

投稿: ジャイ | 2010年7月29日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェーン店 | トップページ | スプーン »