« 唾液アミラーゼ | トップページ | それが正解 »

完璧主義

先日40歳の男性が人間ドックを受けに来られました。会社の役員として活躍されている方です。1ヶ月前の会社の職員健診で肝機能(特にγ-GTP)や中性脂肪に異常値が出て精密検査の指示を受けた彼は、その日から飲酒を止めました。仕事の席でも一切断ってきたそうで、もちろん想像通り、今回の採血結果はすべて正常になっていました。酒を止めたら正常になったわけだから、もちろんそれは酒の影響でしょうし、一緒について回る酒の肴の影響もありましょう。ここまで徹底できるのはすごいな、と素直に敬服しました。何しろアル中のわたしは「休肝日」設定にも抵抗しているほどですから。

ただ、これからどうしましょう。飲まなければ正常になることは分かったとして、元々嫌いではない酒、仕事の付き合いもありましょうし、適度の酒はむしろストレスをとって動脈硬化予防にも繋がります。時々は飲んでもいいのではないか。そう助言したら彼はきっぱりと拒絶しました・・・「いや、自分を甘やかすと人間が堕落する。堕落した結果があのデータだから、これからも酒は一切やりません!」・・・鼻息荒く、そう云い切りました。

実は、今回の人間ドックで彼には軽度の糖代謝異常もあることが分かりました。いわゆる境界型糖尿病です。これを野放しにすると動脈硬化を進め、将来糖尿病になる可能性が高くなりますが、現在の反応は良好です。低GI食品を先に食べるとか、炭水化物は良く噛んで食べるとか、わたしは基本的なアドバイスだけをしました。でも、彼の目つきがうつろになっていくのに気付きました。「すぐ食べ過ぎるからいかんのだ。早食いだからいかんのだ。」早くも自己反省を始めたのです。いやいや、今の生活に問題があると云っているのではなくて、食べ方にちょっと気を遣っておくと将来楽だ、ということですよ・・・「いや、自分を甘やかしたらいかん」・・・またこのことばが出てきました。食べたいことややりたいことを我慢しすぎると返ってストレスで血糖値が上がるんですよ・・・一応話はしましたが、彼の決意は異常に固そうでした。

|
|

« 唾液アミラーゼ | トップページ | それが正解 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唾液アミラーゼ | トップページ | それが正解 »