« 良心 | トップページ | 健康への誤解 »

何がいいのかわからない

8ヶ月前に禁煙を始めたというある女性が、つぶやきました。

「禁煙しても何もかわらないんです。もう少し食べ物が美味しくなるのかと思ったけどちっとも変わらないし、身体が軽くなるとか云われるけど変わらないし、特別な爽快感もないし・・・。別にタバコをもう一度吸いたいとも思わないけど、でも『やめて良かった』と思うようなことはなにもなかったです。」

ちょっと寂しい感じもしますが、これも正直な感想でしょう。方や、先日奥さんの勧めでいやいや「がんドック」を受けに来た男性は、その1週間前から自主的に禁煙を始めていました。「正直なところ、何も変わらないだろうと思っていたのに、すぐに食べ物が美味しくなっていつも腹が減るようになったし、咳が出なくなったのには驚きました。もうタバコなんか二度と吸いません」と云い切りました。こういう実感があった人は、たとえタバコを再開してしまっても再禁煙しやすい気がします。

最初に紹介した女性はまだ35歳でした。女性の場合は、ホルモンに作用してしまうし、あるいは生まれてくる子どもに影響を受けるから、とりあえずこのまま縁を切っておいた方がいいけどなあ、と思いました。くどいようですが、税収以外にまったく存在価値のない物質ですので、縁を切ろうかなと思った人はすぐに禁煙外来に行ってみることをお薦めします(なんでも、禁煙ブームのためにチャンピックスが品薄気味だそうですが、気にせず受診してみてください)。

|
|

« 良心 | トップページ | 健康への誤解 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良心 | トップページ | 健康への誤解 »