« 師走 | トップページ | ストーカー »

労災二次健診

厚労相が、労災保険に関わる事業所の労働者の健康を管理するために、平成13年から始めた「労災保険二次健診等給付」(略して「労災二次」)というシステムをご存知でしょうか?肥満、高血糖、高血圧、脂質異常のいわゆる『死の四重奏』が職場健診で認められた労働者は、その結果を事業主に届け出て手続きをすると、タダで頭と心臓の検査をしてくれる上に、保健師、栄養士、運動指導士から生活習慣改善のためのアドバイスをもらえるシステムです。

基本が労働安全衛生法(労安法)に紐づいている上に、手がかかる割に効果が乏しいとか、儲けが少ないとか、いろいろな理由で、指定施設として手を挙げない健診機関も少なくないと聞いています。うちの場合も、「そんな人は直接うちにある生活習慣改善のためのプログラムや特定健診・保健指導に回せば良い」という意見が多数を占めてきまして、わたしはちょっとガッカリしています。彼らはタダ(労災保険が費用を出してくれる)だからこそ受けるのです。タダだから、そして1回だけの介入だから効果が上がった人が少ないのだと云う人も居ますが、逆にタダだからこそ受けて、自分が甘く見ていた「死の四重奏」の改善に目覚める動機付けになった人も決して少なくないことを、担当者であるわたしは知っています。何万円も払うモノだったら絶対受けなかったであろうそんな人たちがいることを考えると、人生を確率論で語れないのだろうなと思います。公の金を使う以上は費用対効果が上がらない事業は見直すのが事業仕分けだということは、もちろん重々承知しておりますけれど・・・。

|
|

« 師走 | トップページ | ストーカー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師走 | トップページ | ストーカー »