« 健診前の努力 | トップページ | 寒い »

精のつくもの

「太るために精のつくものを必死で食べているのに、なかなか太れません。」

世のメタボの皆さんには信じられない発言ですが、当事者にとってはそれなりに深刻な問題のようです(もちろん放っておけば簡単に太れる私にも関係のない悩みです)。まあ『体質』なのでやむを得ません。胃がんの手術のように大きな手術をした後に体重が戻らないとか、大病を患って体重が減った後にそのまま変化しないとか、そういう経験のある方は、本人も周りの家族も何とか早く元の姿に戻りたくて藻掻いておられます。

でも、その行為はあまり意味がありません。『太るために精のつくもの』とは高カロリー食であったり高脂肪食であったり、あるいは炭水化物のオンパレードであったり・・・それで太ったとしたらムダに脂肪が付くだけ。滋養強壮に良いという謳い文句のサプリや健康食品も、下手をするとカロリーがコーティングされているものが多く、「ふっくらしてきましたね」などと喜んでいたら糖尿病になっていたり脂肪肝だったりして、無意味に生活習慣病を作り出している人が多いのです。

必要なのはビタミンとミネラル、それとわずかな良質のたんぱく質。大量にモノを食べて太る必要はありません。普通に食べておけば、カラダが太る必要があると判断すれば勝手に太ってきます。今は太る必要がないと判断するからこそ太らないのであって、焦らずに自然の流れに従っておけば良いことです。自分のカラダに初めから備わっている『再生能力』を見くびってはいけません。

|
|

« 健診前の努力 | トップページ | 寒い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健診前の努力 | トップページ | 寒い »