« これは現実じゃない? | トップページ | 「特保の功罪 ~腹囲攻防戦の意義」 »

ここ数日、良い夢をみません。

苦手だった職場の元幹部に出会いました。斜に構えて私を一瞥、「お前、少しはマシになったんか?」と云います。<私が何をした?あなたが勝手に誤解ばかりしているだけじゃないか!バカみたい!>と昔いつも反発していたのに、「どうでしょうか?最近は自分ではそれなりに真っ当になったと思ってるんですけど、そう見えませんか?」などと、思いがけない返事をする自分・・・その日は一日重い心を引きずりました。

郊外のお店の駐車場に停めてある私の愛車の横で重機作業が続けられていますが、どうも危なっかしいので、「すみません。車を動かしますよ~」とニコニコして合図をした後に、急いで車に乗り込みました。エンジンをかけたそのとき、ガガガガガと大きな音がして車が振動しました。重機のアームが車のボディを引っ掻いたのです。「何やってるんだよ!」突然頭に血が上って運転手に食って掛かるわたし。「今すぐ警察を呼べ!」と騒いでいます。相手は恐縮しながら「ちょっと事務所に連絡しに行きます」と云っているのに、それがその場から逃げているようにしか感じられないわたし。そのまま居なくなって、後で「その傷はいつできたものか証明できない」とかいう云い逃れをするつもりだろ!と云い張っています。・・・そこで目が覚めました。冴えない一日になりました。

これはどうも、うつの周期に入ったような気がします。

|

« これは現実じゃない? | トップページ | 「特保の功罪 ~腹囲攻防戦の意義」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは現実じゃない? | トップページ | 「特保の功罪 ~腹囲攻防戦の意義」 »