« 集中力とやる気 | トップページ | 医療雑学1;食後高血糖 »

数値

福島原発問題で、マスコミの皆さんが毎日必死で伝える放射線量。マイクロシーベルトがミリシーベルトに突然変わっておののき、更に今度はベクレル。ところが、全くその単位の意味が理解できない報道者(一般の方々はもちろんですが)は、数字の大きさに必要以上におののいているように見て取れます。

わたしたちのように医療の現場で核医学検査を専門とする人間でも、今まで1mCi(ミリキューリー)と云っていたのが突然、「今日から1mCi=37MBq(メガベクレル)です」と云われたときにはひっくり返りそうになりました。ミリが突然メガですから!

「先日うちのかかりつけ医が血圧の薬を変えたのですが、今まで8mgだったのが突然40mgになりました。そんなに自分は悪くなったとは思えないので、不安だから新しい薬を飲むのを止めました。」と話す患者さんは少なくありません。「それは、全然違う種類の薬ですよ。8mgの薬と40mgの薬は、全く別物ですからちゃんと飲んだほうがいいです。たぶん8mgの薬より40mgの薬の方が軽い薬だと思いますよ。」・・・真実を伝えているのですが、それでも彼らは納得いかない素振りです。

数値の印象というものはバカになりません。おそらく逆に数値が減っても心配になるのでしょうが、インフレやデフレとは違って、数値が変わっても中味は全く変わっていないということは世に少なくありません。数値を扱う専門家たちは、その点をできる限りしっかりと伝える義務があると思います。

|
|

« 集中力とやる気 | トップページ | 医療雑学1;食後高血糖 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集中力とやる気 | トップページ | 医療雑学1;食後高血糖 »