« 云いたいことが増えてきた? | トップページ | あなたが怖いからよ。 »

あなたが変わらなければ

ある企業のある若い女性がうつ病で休んでいました。復職にあたり、彼女の上司が悩んでいるのは、その女性が休むようになった理由を彼女自身がきちんと理解していないのではないか?・・・たとえば、人に迷惑を掛けておきながら友人と遊びに行く有給休暇は予定通りに取りたいなどということを主張する~そんな態度を同僚は良い顔をしないだろうことは、ちょっと考えれば分かるだろうに・・・ということです。だから、彼女の考え方が変わらなければ復職してもうまくいかないのではないか?という思いです。

でも、その話を聞きながらわたしが懸念したのは、彼女ではなく、むしろその上司のことでした。その上司が、彼女の考え方に「100%非常識」のレッテルを貼ってしまっていることが気になったのです。「彼女の考え方が変わらないと!」と思うのと同時に、「でも、その考え方も一理あるかな」という思いを彼が少しでも持てるようになれないと、今回の問題は解決しないのではないか、と強く思うのです。彼女が体調を壊したきっかけは、そんな理解してもらえない上司との人間関係だったのですから。

当事者ではないので詳しいことは分かりませんが、彼女の感じていることも、彼女が主張していることも、わたしは良く理解できます。それを主張するのは有りかな、とも思います。それを同僚がよしとするかどうかは分かりませんが、彼女の取った行動を「非常識」と言い切っている間は彼女も変われないでしょう。頑なな彼女の上司の石アタマが少しだけ柔軟になることを祈っています。

|
|

« 云いたいことが増えてきた? | トップページ | あなたが怖いからよ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 云いたいことが増えてきた? | トップページ | あなたが怖いからよ。 »