« あなたが怖いからよ。 | トップページ | 糖尿病と炭水化物 »

老化

これからの予防医学は、二次予防でも一次予防でもなくて、『アンチエイジング』だ!そういう思いで、明日から始まる第11回日本抗加齢医学会総会に初めて参加することにしました。明日から三日間、どっぷりとアンチエイジング漬けになるつもりでいます。

でも、最近少しわたしのココロに変化が出てきているのを感じます。『老化』は、神が森羅万象の生物のためにあえて造りたもうた精巧なシステムなのではないか?人が老いることは必然なのであり、それに逆らうように『アンチエイジング』を唱えることは、生物に、あるいは地球全体に大きな歪(ひず)みをもたらそうとしているのではないか?という思いがどうしても払拭できません。人類の最大の理想は、「不老不死」ではなく、準備されたとおりに老いて、準備されたとおりに死に行くことなのではないか?と。

今の世は、寿命が延びたように見えて、実は準備された寿命よりどんどん短くなってきているのかもしれません。衛生環境や科学・医療の進歩は、命という点では長さを驚異的に伸ばしましたが、環境の破壊や薬剤・化学物質などの毒物の体内注入により、ミクロの世界では破壊と変性を繰りえさざるを得ない状況に追いやられている気がします。『アンチエイジング』とは、結局そんな破壊されたものの修復作業を必死に繰り返しているに過ぎないのではないか?本来準備されていた環境下では必要のなかった作業ばかりなのではないか・・・?

・・・屁理屈オヤジの頭の中にはこんな疑念が消えるどころか深まるばかりですが、そんな思いを抱きながらもしっかりと勉強して参ります。

|
|

« あなたが怖いからよ。 | トップページ | 糖尿病と炭水化物 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

屁理屈医師 先生

こんにちわ。~こんばんわ。~おはようございます。

早速のご返事、誠にありがとうございました。
トンでもございません! 切れの良い、素晴しい表現、感激申し上げます。

『アンチエイジング』のお勉強会、大変お疲れ様でございます。
私も、先生のお考えに大変賛成でございます。

でも・・・ヒョンな小生の技術開発が図らずも『アンチエイジング』に加担する事となってしまいました。
サーチュイン(長寿)遺伝子が活性化するのか?
ハタマタ、テロメア遺伝子のカウントダウンが狂うのか?

夫々の専門の先生方が首を傾げながら? ご研究にいそしんでおられるようです。
偶然とマグレの掛け算の結果でしたが・・・。

しかし・・・IPS細胞が云々言っても、『絶対に神様が定めた「寿命」を変えてはダメなのだ!』(恩師、阪大元学長(故)山村雄一先生の口癖)の通りと、小生は理解しております。

小生も明日は、東北大学医学部加齢研究所主催の「癌臨床セミナー」に強制参加です(同所に片足が入っております)。

今後とも何分宜しくご指導、ご教授方、お願い申し上げます。

                 仙台市  asuka3h 拝

P,S
 大震災、大津波に見舞われた後は、世界観が大きく変わりますね。

投稿: asuka3h | 2011年5月27日 (金) 11時52分

asuka3hさん
 
こんばんは。
 
Sirtuinsとかテロミアとか、まさに禁断の領域のど真ん中におられるんですね(笑) 学者としてはワクワクする領域だろうなと思いながら、今日の学会でも何度も聞きました。
 
でも、わたしの今の最大の関心事は、日曜日に飛行機が飛ぶかどうか?です(笑)

投稿: ジャイ | 2011年5月27日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたが怖いからよ。 | トップページ | 糖尿病と炭水化物 »