« 「相手のなまりをまねると理解深まる」?! | トップページ | この理不尽さが面白い。 »

自分の感覚に素直に食べる。

「理屈で食べるな!」「食べたいときに食べる。食べたくないとき食べない。それが、一番自然!」などと、いつも熱く語っているわりに、ほとんど実践できていなかったわたし・・・。

ゴールデンウィークの間、毎日しっかりカラダを動かしたつもりのわたしのお腹が急に膨らんだのはなぜだろう?たしかに最近、まったくお腹が空かなくなってきました。「1日に1回は必ず本当にお腹が空いた状態を作りましょう!」と提案し、それを実践していたころ、わたしのカラダはそれなりに理想的でした。でも、特にお腹が空いているわけではないのに何となく菓子を買って食べるようになり、そんなことをしても何も変わらなかったので、そのうち徐々に惰性になってきました。それが突然体重に加速度が加わり始めたころから、何度もウンチに行くようになりました。食べたら出す。食べたら出す。・・・快便ではありますが、これはある意味「便秘」なのだと聞きました。

久しぶりに自分自身と会話してみました。
「今、お腹はすいているか?」「いや、それほどでも・・・。」
「それ、食べたいか?」「いや、それほどでも・・・。」

ここ数週間、冗談抜きで一気にカラダ全体が膨らんだので、良い機会ですから自分のカラダで試してみることにしました・・・「自分の感覚に素直に食べる」。<がまんする>とか<頑張る>とか、そういうものではないので、ちょっと続けてみようと思います。

|
|

« 「相手のなまりをまねると理解深まる」?! | トップページ | この理不尽さが面白い。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「相手のなまりをまねると理解深まる」?! | トップページ | この理不尽さが面白い。 »