« またけさんへ | トップページ | 好きな物ほど少なく »

10年後

「この未曾有の大震災と終わりが見えない原発の放射能漏れ事故によって、世界はどう変わるか?どう変われるか?それは、5年後、10年後に答えが出ることだろうね。」 
「変わるよ、絶対!当たり前じゃないか!そこまで人間は愚かじゃないよ!」
「今は世界中の皆がそう思っている。でも、すぐに社会は落ち着くんだ。今ですら、『原発は廃止すべき』という意見が全員ではないんだから、どの程度の修正がなされるかは全く分からないじゃないか。」・・・先日、中学の同窓会の宴席で、友人とそんな会話をしました。

やれ『脱原発だ!』『エコの推進だ!』と騒いで、今180度の軌道修正をしたつもりでいたとしても、その角度が徐々に引き戻され、いつの間にか今まで通りの方向に向いてしまうということは歴史の中には良くあること。最終的にどうなったかは、やはり5年、10年後にならないと分からないと思っています。

『あの時あんな事件が起きたおかげで、今、世界は救われたんだよ』・・・5年後、10年後にそんなことが語れるような、世界中の歴史教科書に載るような、そんな大きな変換点になってくれることを、大多数の犠牲者の冥福を祈りながら願っています。

|

« またけさんへ | トップページ | 好きな物ほど少なく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジャイ 先生

おはようございます。

毎々、大変機知に富んだ話題、大変敬服申し上げます。

このテーマは、少なくとも知性生物(私は人間だけが!とは思いませんが)の永遠と申しますか、エンドレスの問題だと考えられます。

「その時は良いと思ってやったこと」であり、パーフェクトは「絶対に!」有り得ない事と考えられます。

例えば急性虫垂炎(盲腸)の患者は、一世代前までは手術除去がほぼ、
絶対治療法が罷り通っていましたが、今は余程、手術趣味の外科先生にめぐり遭わない限り、その療法は避けられていると思われます。

最近、金属工学界では人間が鉄を実用化して数万年。
しかし、未だ鉄について「3割程度しか解られていない」が
通り相場となっています。

まして、人間が核物質を実用化してタッタ約70年。
核物質については「数パーセントも解られていない」が
今回の原発事故以降、工学界ではささやかれています。
だから、事故発生に対処する決め手がありません。

世界最初の「商業実用化」原発は茨城県東海村原発(現在廃炉)で、
我国は何かにつけて「核の実験場」とされて来た様です。

今回の福島原発等も、約40年も経過した老朽施設。
装置全体も40年以上も昔の「ローテク施設」です。

現代工学から見れば、余りにも幼稚な物と言わざるを得ません。

「10年一昔」とのコトワザがありますが、
先生の述べられている様に、今後10年後・・・アット言う間ですが・・・ハテさて、如何な物かは「結果論」が支配する事となるでしょうけれども。

結果を見てからの「後進国」か? 結果を想定しての「先進国」で行くかは・・・日本の生き方は???

     屁理屈男の asuka3h 拝
          (へそ曲がり先生とも言われています)

投稿: asuka3h | 2011年6月26日 (日) 11時53分

asuka3hさん

おはようございます。
コメントをありがとうございました。

そうですね。初めから「悪いこと」と思って実行することは世の中にそう多くはありません。それが失敗したからといってそれを「悪」と決め付けることが良い事だとも限りません。

真実は歴史が決めること。人間の修正力の可能性は360度に無限大です。私たちは常に試行錯誤のこっくりさんで、コインを押さえる皆の指がこれから右に動くのか左に動くのか・・・。

すみません。同じような内容が2つ届いたので、後に送って頂いた文章だけ残しました。

投稿: ジャイ | 2011年6月27日 (月) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またけさんへ | トップページ | 好きな物ほど少なく »