« 成功法則 | トップページ | プール »

糖尿病は治せる?

<2型糖尿病は可逆的か?短期厳格カロリー制限食による検証>(MTPro 2011/6/23)

「2型糖尿病や高血圧症のような体質の病気には"治った"という概念はなく、うまくコントロールしながら一生付き合っていく病気です。」・・・わたしはずっと、受診者の方にも患者さんにもそう話してきました。ですから英国のニューキャッスル大学から発表されたこの検証(Diabetologia)の記事にとても興味が湧きました。

初期の2型糖尿病の患者さんに8週間超低カロリー食(600Kcal)を食べさせ、さらに普通の身体活動をさせると、なんとインスリン抵抗性の改善(肝臓での糖産生低下)が1週間後に見られ始め、体質のものだと思われていたインスリン分泌不全も8週間後にはコントロールレベルに改善したというのです。

その現象がなぜ起きるのかという機序の考察は専門家たちで喧々囂々やっていただくとして、発症後間もない患者さんに対して食事療法を厳しくやればインスリン抵抗性が良くなるのは分かりますが、それだけでなくインスリン分泌不全も消失するのだとすればそれは素晴らしいことです。それと同時に、わたしたちの健診や人間ドックの果たすべき責任がとても重いことになります。ただ、これが英国人のデータであるということは気になりますし、この超低カロリー食療法を一体いつまで続けると良いのかという実用段階で一番重要なポイントの検討をきちんと行っていただきたいと思います。

|
|

« 成功法則 | トップページ | プール »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成功法則 | トップページ | プール »