« 冠攣縮性狭心症 | トップページ | なぜ今、「食後高血糖」か? »

筆記体?

昨夜のテレビで「2002年以降に中学生になった子はアルファベットの筆記体を教わっていない」ということを知りました。何とな?どういうことな?全く意味が分かりませんでしたが、画面に出てくる若者たちは本当に筆記体を書けませんでした。・・・なんで?

パソコンやワープロで字を打つから必要ない、ってことになったのですか?うちは子どもが居ないので知りませんでしたが・・・。日本人よりもはるかにコンピュータ文化であるインド人学校で「自分で字を書くことが大事」と子どもたちに筆記体をきちんと教えているの見て、「それが当たり前なんじゃないの?」と思ってしまうオジサンは時代遅れなのでしょうか。これは、アナログだとかデジタルだとか、そういう次元の話ではありますまい?自らの手で字を書けなくなるとアタマは考えなくなる・・・これは必定です。おそろしや~。

そう言えば、最近は漢字の書き順を全く注意しません(気にするのは「漢字検定」くらいでしょうか)ね。アルファベットの筆記体と同様に漢字の書き順にはちゃんと意味があるのに、できあがりの形が当たっていたら問題ない、みたいなことが常識になっているのも、もしや学校教育でそう決まったんですか?東大や京大出身のインテリ文化人たちがおもむろにとんでもないところから字を書き始めるのをみると、オジサンは情けなくてヘコタレまくります。

|
|

« 冠攣縮性狭心症 | トップページ | なぜ今、「食後高血糖」か? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ 先生

おはようございます。

相変わらず九州地方「集中豪雨」に見舞われております事、
大変お気の毒様です。
大きな被害の無い事をお祈り申し上げます。

本日のテーマ、私も存じ上げておりませんでした。
これでは、数学(算数)の試験に電卓持参を容認すると同じで、
そう言えば、どこぞの国立大の入試に携帯カンニングなる「事件」もありましたですね。

きっと文部省の世間知らずの「自認頭でっかち」役人のマスターペンション的な発想が基となっていると思われます。

しかし、先生の仰る様に「意味」をなさないと思います。

前記させて頂きましたが、仏教経典を漢字で書いた方がサンスクリットやハングル、カタカナよりは何となく「それらしく」思われると思います。

でも、前回も記させて頂きましたが、
当方今回の被災復興、キーボートーとマウスがいかかに無力かが、皆実感する羽目となりました。
パソコンが有っても電気が無ければ、タダの粗大ゴミです。

ベーシックは手とスコップ、体力、気力である事を。

「水難の相」にはご注意下さい。

              屁理屈男の asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2011年7月 6日 (水) 10時19分

asuka3hさん

ご心配ありがとうございます。
もう少しで雨は峠を越しそうですが、この梅雨前線はこれからそちらの方に向かうのではないでしょうか?ご注意ください。

文字を自分の手で書くことが日常の仕事の中ではほとんどなくなってしまいましたので、ご挨拶状だけはできるだけ手書きのはがきにしています。また外でこのブログの文章を思いついたらいつでも書けるようにメモ帳を持って歩いています。携帯にメモするより紙に書く方がアタマの中がよくまとまる気がします。

投稿: ジャイ0425 | 2011年7月 6日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冠攣縮性狭心症 | トップページ | なぜ今、「食後高血糖」か? »