« 合格点 | トップページ | 「申し訳ありませんでした~ぁ♪」 »

アルコールとHDL

「わたしの主治医が、わたしのHDLコレステロールを上げるために『アルコールを飲みなさい』というので、晩酌習慣はなかったのだけれど最近はビールを週3回くらいは飲むようにしています。本当にこれって効果があるのですか?」・・・うちの受診者のひとりが管理栄養士さんに質問したそうで、その管理栄養士さんからわたしは相談を受けました。「そんなことってあるんですか?」と。「は~?そんなの聞いたこともないよ。どっかの怪しい健康番組で云ってたのかもしれないから、主治医に直接聞くように云ったらどうですか?」と突き放すように答えてはみたものの、何か引っかかるところがあったので早速調べてみました。

そうです。エチルアルコールはHDLコレステロール値を上げるのです。昔、健診の世界に入ってすぐの頃にその事実を知り、脂質異常(当時は「高脂血症」)の講演で自らそう説明していたことを思い出しました。それもわたしの記憶が正しければ、純正のエチルアルコールほど効果が高く、飲めば飲むほど直線的にHDLコレステロール値は高くなるはずです。そんなスライドを持っていましたがどこにやったろう?

ただ、飲みすぎれば肝臓を傷め、血圧を上げますし、さらに前述の受診者さんのようにビールを選択したのでは、それでなくても最近300mg/dl以上に急増した中性脂肪の値をさらに跳ね上げて間接的にHDLコレステロール値を下げることになるから本末転倒です。飲むなら適量(少量)の蒸留酒なのでしょうが、純正エチルアルコールが良いということになると、不純物だらけの乙種ではなくて甲種。酒好きにとって「適量」は”生殺し”ですし、甲種焼酎単独の飲酒なんてほとんど魅力がありません。

つまりは、養命酒を飲むような心得で食前酒として少量の韓国焼酎を飲むのが、低HDLコレステロール血症に対する治療になります。・・・と、説いたらいいのかしら?

|
|

« 合格点 | トップページ | 「申し訳ありませんでした~ぁ♪」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

おはようございます。

私は定期的にいろんな検査をしてもらっていて、経過に合わせて専門の診療科で早目に治療してもらっていて…
食事や運動についてもいろいろ教えていただいているので…
病気になる前よりも体調も機嫌もいいような気がします。

病院ってなるべく行きたくないところだったんですが、今は、健康で幸せな生活を過ごす為のパートナーとしてお付き合いしていただいています。

それから。。。

少し前に、「いつか四国のお遍路巡りを…」とお書きになっていらっしゃいましたが。。。
一番札所 『霊山寺』がある鳴門市は、私が生まれ育ったところです。

霊山寺の近くにある『ドイツ館』は、第一次世界大戦の時に、捕虜としてつれてこられたドイツ兵の収容所跡に建てられた資料館で…

私が子供の頃は、なんのアイソもない、平屋の雑〜なモノだったのですが。先日、帰省した時に寄ってみたら、お城みたいな建物の中のホールで、ドイツの音楽家のコンサートとかやっていて、お土産コーナーのスタッフは「ミス鳴門」みたいに可愛い女の子達だったので…
ビビりました。
でも、「鳴門のやる気」が見えて、微笑ましかったです。
もしよろしければ
お立ち寄り下さいませ。

では、今日もいい一日をお過ごし下さい。

投稿: 向日葵 | 2011年8月31日 (水) 07時16分

向日葵さん

今日も良い一日だったですか?
病院は、病気にならないように管理するところというよりも元気な楽しい人生を送るためのサロンのようなところ、というのが理想なんじゃないかなと思う今日この頃です(笑)

鳴戸がお里なんですね。是非、行きますバイっ!

投稿: ジャイ | 2011年8月31日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合格点 | トップページ | 「申し訳ありませんでした~ぁ♪」 »