« 旧友 | トップページ | グチはレムナント »

減塩は逆効果?

数ヶ月前にベルギーのルーベン大学から「ナトリウム摂取制限で心血管死の率がむしろ増大する」という報告が出て物議を醸しました(JAMA 2011; 305: 1777-1785)。健常者のナトリウム排泄量と心血管イベントの関連を調べたところ、排泄量が多いほど心血管死のリスクが減少し、排泄量と血圧値の相関は見られなかったと報告しています。

その真意の程は世の学者さんたちが頑張って研究すると思いますので私たち”素人”は検証結果を待ちますが、やはり事高血圧に関しては、日本人のコホート研究でないと参考にならないという印象しか持てません。この研究の対象者はナトリウム感受性の血圧なのかどうか?ナトリウム感受性は黒人に高く白人に低く東洋人はその中間、と昔に教わりました。ナトリウム感受性の高くない連中のナトリウム制限は、単なる食べ過ぎ防止でしかないように思います。学生時代にアメリカにホームステイした頃、ファミリーの娘さんが日本のお菓子を「Hot!」と云って食べなかったのを思い出し、基本的に「ナトリウム感受性が高い人は塩辛さが好き」と確信したものです。もっとも最近のジャンクフードは辛さ甘さとは無関係に塩分をジャカジャカ入れてますけど・・・。

ナトリウムを語るときに必ず出てくるのが塩化ナトリウムと食塩(自然塩)の違いです。まあ賛否両論ありますが、わたしはやはり混ざり気の多い自然塩を普通に使う限り、血圧にさほどの影響を与えないという意見には賛成です。工場の大量生産に、たとえ更なる緻密さで自然塩の成分に近い微量元素を加えたとしても、到底勝てない何かが自然の摂理には存在するという盲信的な考えにわたしも浸っています。ただ、玄米にしろ自然塩にしろ、自然自体が汚染されているので理屈以上の弊害が効果を凌駕する危険性は高いのですが・・・。

|
|

« 旧友 | トップページ | グチはレムナント »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

おはようございます。
そして…
大分トリニータの勝利おめでとうございますshine

昨日出かけたイベント会場で、ファジのスタッフがブースを設けて、皆様との交流を深めようとしていました。

先生のように熱烈な応援を続けていらっしゃるサポーターさんは、選手やスタッフさんの『頑張れる力』ですね。
私も母として妻として嫁として娘として友人として、大切なヒト達のサポーターを続けられるように、まず自分が楽しく過ごそうと思っています…が、あんまりサポートできてないです。

投稿: 向日葵 | 2011年8月22日 (月) 06時10分

向日葵さん

おはようございます。
昨夜は勝利の花火をしっかり鑑賞して21時半に大分を出たので熊本に着く頃は真夜中でした。岡山からも遠路はるばるたくさんのサポーターさんが着てくれていましたよ。Jのトップチームと違って、J2はスタッフの地道な努力で成り立っています。本当にスタッフやサポの皆さんの頑張りには頭が下がる思いです。

サポーターは自らもサポートされて初めてウィンウィンの関係。肩に力を入れ過ぎずに、人生のサポーティングをお互い楽しく頑張りましょう♪

投稿: ジャイ | 2011年8月22日 (月) 08時45分

ジャイ先生

おはようございます。
10日振り位のご無沙汰です。

別に具合が悪かったとか、死んだフリをしていた訳でも有りませんし、
先生のブログがつまらなかった訳でもありません。

お盆休みを利用し、学生達と被災地片付けボランティアに行っておりました。
クソ暑い最中に、地獄の茹で釜の火焚する位・・・暑かったです。

エアコンもロクに効かない仮設プレハブでの避難民の方々は、尚更にシンドイと思われました。
閣僚や官僚たちも一週間も同様生活をすれば、我国もスピード感をもって変わるのでしょうけれど。


私は前にも述べさせて頂きましたが、「減塩反対」を唱えておる1人です。
勿論、増塩しろとは申しませんが。

特に我国の戦後は、専売公社による電気製塩により「純塩」が大量生産され、
安価に国民に供給されました。

この「純塩(Nacl)」が、諸々の健康阻害を惹起した事が「減塩運動」の根源と思われます。
釈迦に説法で恐縮ですが、同様に「水」も「純水」は「猛毒」扱いです。
「純水」はH2Oその物で混じりけがないので、素人の方々は「良い水」と思われるのでしょうが・・・純水はあらゆる物質を溶かし込みますので・・・人間の体までも溶かしてしまいます・・・だから猛毒。

「純塩」も専売公社では「素晴しい商品」と考えていたかも知れませんが・・・「塩素」と「ナトリュウム」の弊害だけを人体に与えた物と、私は考えております。

私は10年程前よりご縁がありまして、友人から「ヒマラヤのピンク岩塩」なる物を譲り受け、ゴマ擂り器ならぬ「岩塩擂り器」で味付けをしていますが、なかなかの美味です。
今は、自家製梅干や漬物も全てに使用しています。

以前にも地元開業医先生等との研究会でこのテーマで発表した処、多くの関心を頂け、夫々の患者さんや老健施設等で試して頂き、結果、体調改善に「減塩」よりも、いずれも効果が有った旨のご報告を頂けておりました。

私は「塩屋」ではありませんので、塩売りはしていませんが、
「減塩反対」のウンチク、屁理屈を並べさせて頂きました。

意外と「ダイエット・メタボ」にも効果が有るかも? 知れません。

相変わらずの下手の長文で申し訳ございません。

残暑厳しき折、健康にご留意の上、ご活躍くださいませ。

               仙台市
                asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2011年8月23日 (火) 10時05分

あっ、我が家(ドームから5分ほどのアパート)の窓からよく見えました。トリニータの花火。地元民なのに、トリニータにはあまり興味がないのですが、ニュースで【勝利】を知った直後の花火だったので、なんだか嬉しかったです。
サッカーはよく分からないけれど、今度ジャイ先生を探しにドームに行ってみようかしら。

投稿: あやの | 2011年8月23日 (火) 11時15分

asuka3hさん

暑い中、本当にご苦労様です。私は屁理屈ばかりこねているけど実行はしないで吠えているだけでしょうね。

NaclとH2Oは本当に典型的です。私も同業者に煙たがられながらも「不純物がないことがベスト!という考え方が間違いだ」と云い続けてきましたが・・・、世間一般の方々の凝り固まった頭はどうやったらよろしかろうか。そして科学者は「自然の不純物」という曖昧模糊な表現がキライなようで。

でも、「自然」の汚れ方が尋常ではないということを知って、さらに暗い気持ちになります。

是非、今後も啓発・啓蒙をよろしくお願いします。

投稿: ジャイ | 2011年8月23日 (火) 19時48分

あやのさん

是非、おいでまっせ。

私はサッカーに何の興味もありません。ただトリニータが好き。たくさんのじいちゃんばあちゃんが手をつないで応援に来るビッグアイが好き。圧倒的なサポーターの空気が好き。試合の勝ち負けは別にして、来てみたら「なんじゃここは~!」と思ってクセになりましてよ~♪

投稿: ジャイ | 2011年8月23日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧友 | トップページ | グチはレムナント »