« 理不尽 | トップページ | 水を飲んでも太る »

放射線リスク

先日届いたNikkei Medicalに面白い記事を発見して、早速、表をパクリました。

「放射線リスクをどう説明する~汚染食品を1年食べ続けた場合の放射線量は?」というタイトルのトレンドビューです。被曝線量とリスクの基本的な関係は1000ミリシーベルト(mSv)の被曝で生涯がん死亡リスクが5%上がり、100mSvなら0.5%、10mSvなら0.05%と直線的な関係だと書かれていました。これは、「100mSvの放射線を累積で緩徐に受けた場合に生涯がん死亡リスクが0.5%増える」という意味(福島県立大副学長 山下俊一氏)、そしてこれが単なる便宜上の数値であり「100mSv以下の線量では検出できるほどの健康への影響は見られていない」ということ。一方、今回話題になっている福島原発の放射線量を最大で見積もった場合の1年間の被曝量は、牛肉で0.52mSv、水1.90mSv、野菜0.65mSv、そして大気(福島市)でも6.83mSvです。

私が興味を持ってパクッたのはそういう数字ではなく、そのリスクを生活習慣に置き換えた比較表です。単純に放射線量とがん発生リスクとの関係を生活習慣とがん発生リスクの関係と比較したらどうなるか?喫煙や大量飲酒は1000~2000mSv、運動不足や肥満は200~500mSvの放射線を一度に浴びたのに等しいのです。「微量の放射線をむやみに恐れるよりも、生活習慣の是正を心がける方がよほどリスク低減に役立つ、と説明してみてはいかが?」と締め括られたこの文章にとても賛同できました。

以前にも書いたように、「わが子のことを考えたら、危険性のある水や米は食べさせられない」と真剣に語るお母さんの横で父さん(あるいはお母さん本人)が吸っているたばこの副流煙の方がはるかに危険だということ、あるいは北関東の海に入るのをやめたサーファーさん方がたばこを吸ったら意味がないということをどうしてもっと公言しないのだろうか?わたしがこの表をパクッた目的は、放射線被曝の風評回避ではありません。たばこが如何に危険かを説く材料にするためです。

|
|

« 理不尽 | トップページ | 水を飲んでも太る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

おはようございますshine

放射線被曝…
今日は検査でマンモと胸部CTがあります

こちらにある
ひまわり畑は10万本が見ごろですよ〜

では、先生も
いい夏をお過ごしください…shine

投稿: 向日葵 | 2011年8月11日 (木) 08時23分

向日葵さん

お暑うございます。
検査結果は良好でしたか?

夏は向日葵さんの季節ですね。
10万本のひまわり畑か~。きれいでしょうね。

私事ですが、来週末に我らが大分トリニータはファジアーノ岡山と戦います。

投稿: ジャイ | 2011年8月11日 (木) 12時14分

ジャイ先生

おかげさまで、検査結果はオールOKでした。
いしべっち先生から「向日葵さんに関しては、ボクは全然心配してませんから」と言っていただいたので「当分先生の患者なので、少しは心配してください」とお願いして帰ってきました。

ふ〜ん…ファジと試合やるんですね
負ける気しませんのでshine

投稿: 向日葵 | 2011年8月12日 (金) 16時34分

向日葵さん

よろしうございました。

向日葵さんの恋人いしべっち先生にもよろしくお伝えください(「誰、それ?」って言われますな)。

ファジアーノ戦の前に今日は熊本戦です。赤い服の友人を後目に青い服着てアウェイ席で飛び跳ねてきます♪

投稿: ジャイ | 2011年8月13日 (土) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理不尽 | トップページ | 水を飲んでも太る »