« 自然の摂理 | トップページ | 日頃は正常だ? »

SMAP

SMAPの20周年記念コンサートの模様をテレビのワイドショーで見ながら、当時彼らが西武園でデビューした当時のことを思い出しておりました(妻はあれは「豊島園」だったと云うのですが、絶対あれは「西武園」だった!)。土曜の昼下がりに、今度デビュー予定だという若者(というよりほとんど子ども)たちの元気に飛び跳ねる姿とそれをキャーキャー云って見守る大量のファンの皆さんの姿を、テレビで観ました。「やっぱ、ここは東京だな!」と思いました(実際は埼玉=所沢でしたけれど)。

当時熱烈な西武ライオンズファンだった私たち夫婦は(だから西武池袋線沿線に住んだのですが)、「やんごとなき理由」という言い訳で何度か仕事を早退して清原や秋山やデストラーデを観に行ったものです。当時無名だった二軍の新人選手たちの練習に駆けつけるおばちゃん達が「この子は絶対大物になる!」とツバをつけていたのを見て、また妙に感動したものです。「すげえ!こんなおばちゃん達が追っかけしながら後押ししてるんだ!」と。・・・これはちょうど、今わたしが応援している大分のJリーグチームを支えるおばちゃん達のパワーと同じものでしょうが、そんな世界を見たこともない当時は、東京ってすごいところだ(所沢なんですけど)!と思ったものです。100%西武応援のNAK5(今は大宮アルディジャのホームスタジアム名ですけど)のラジオ実況で、7点負けている9回裏でも、「まだ全くわかりません!ここで満塁ホームランが2本出たら、なんと逆転サヨナラで~す!」と平気で言っていた、あのアナウンサーの前向きさが好きでした。

妙に懐古してばかりいるのはちょっと考え物ですが、ま、たまには良いでしょう。

|

« 自然の摂理 | トップページ | 日頃は正常だ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然の摂理 | トップページ | 日頃は正常だ? »