« 「いつもいわれます。」 | トップページ | 墓掃除 »

病気を見ていない

若手スタッフの知識向上のために、休日に勉強会をすることにしました。1週間前に第一回目を開催し、まずとっかかりとしてわたしが生活習慣病の基礎をレクチャーしましたが、その資料を作りながら、ちょっと驚いたことがありました。

いつも住民のみなさんにお話している講演のスライドや健診ナースへの特定健診に関わるスライドなどを並べて準備していたら、あることに気づきました。「病気のスライドがない!」・・・心筋梗塞や不整脈はもちろんですが、たとえば糖代謝異常やインシュリン抵抗性のスライドはあっても糖尿病の分類や治療に関するものは皆無、ちょい悪血圧のスライドはあっても高血圧症の原因や合併症や治療法についてのスライドはない。住民や役場職員の皆さんにいつも生活習慣病の話をしてきていたつもりで居たのに、病気になる前の話しかしてなかったことに気づいて、ちょっと驚きました。要するに、保険診療の対象になるような病気にまったく興味がなくなって、病気になったら病院の専門医に任せてしまえばよい、と割り切っているということでしょう。心から臨床の医者から健診の医者に変わったんだなと思うと、ちょっと感慨深い気がしました。

大慌てで病気のスライドを作ってレクチャースライドに加えました。

|
|

« 「いつもいわれます。」 | トップページ | 墓掃除 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いつもいわれます。」 | トップページ | 墓掃除 »