« ランチメイト | トップページ | 哲学者たちの老化 »

中性脂肪とコレステロールの親密な関係

連載中のシリーズVol.4(11月号)が公開されました。
********************

中性脂肪とコレステロールの親密な関係~メタボ基準の中性脂肪の役割は?~

脂肪が世間でこんなに悪者にされるなんて、神様は思ってもみなかったことでしょう。なぜなら、脂肪は生きていく上でなくてはならない存在のはずだから。ところで、「脂肪」「脂肪細胞」「中性脂肪」「コレステロール」~これらの区別はきちんとつけられますか?

●良い脂肪と悪い脂肪

脂肪細胞はもともと小型です。現代人の正常値(直径70~90μm)よりもっと小さいのが本来の姿ではないかといわれています。脂肪細胞は単なる「エネルギーの貯蔵庫・供給元」と考えられてきました。脂肪細胞にエネルギーを取り込んで貯蔵し、カロリー不足の時に分解して肝臓や筋肉に提供する~だから冬山登山の前にはたくさんの脂肪を皮下に溜め込んで事に臨みます。ところが近年、脂肪細胞の主たる仕事はホルモン産生であることが分かってきました。実は、脂肪細胞の本来の仕事は、動脈硬化を抑えて糖や脂質代謝を改善させることなのです。ちょうどよい大きさの脂肪細胞からは、そんな”善玉ホルモン”がたくさん出ますが、細胞が大きくなりすぎるとその働きが低下します。一方で炎症や動脈硬化を誘発する”悪玉ホルモン”が量を増やして活性を促進させます。結果として、大きくなった脂肪細胞が動脈硬化を助長することになります。もともとこれほど大きくなるとは想定されていないからパニクっているわけで、それが飽食や運動不足による弊害だということは明白です。

一般的に皮下の脂肪細胞はある程度大きくなると数が増えます。一方、内臓脂肪はめいっぱい増大するタイプの細胞です。だから内臓脂肪が溜まる方が皮下脂肪よりも動脈硬化を起こしやすい(メタボリックシンドローム)ことになります。よい脂肪と悪い脂肪があって、よい脂肪はきちんとあった方がよく、悪い脂肪はない方が良いのだということを理解してください。

●中性脂肪とコレステロール

中性脂肪は食事だけでなく肝臓からも合成されてエネルギー源として血中を廻っています。コレステロールもその大部分は肝臓から合成されます。油は水(血液)に溶けませんので、これを溶け込ませるために中性脂肪とコレステロールは「リポ蛋白」という塊になって血中を移動します。中性脂肪をたくさん含むVLDLというリポ蛋白が肝臓から放出され、エネルギーが必要な時に分解酵素(リポ蛋白リパ-ゼ)でこれを分解して中性脂肪を取り出す~こういう仕組みを見ていると人間のカラダってすごいな!と思います。VLDLが分解される時にLDL・HDLといったおなじみのリポ蛋白が登場します。

さて、やっと本題に入れます。高中性脂肪血症がなぜメタボ基準なのか? 脂肪は遊離脂肪酸という形に分解されて肝臓に送られた後VLDLに作り変えられるわけですが、脂肪が過剰になると遊離脂肪酸が大量に肝臓に送られ、当然大量のVLDLが作られて大量の中性脂肪を血中に放出します。ところが内臓脂肪の細胞が大きくなると分解酵素であるリポ蛋白リパーゼの働きが低下し、分解されずに徘徊するVLDLが増えることになります。VLDLを分解できなければHDLは作られませんし、LDLも低下します。結果として、内臓脂肪の過剰は血液中の中性脂肪を増加させるとともにHDL,LDLの減少をもたらします。

HDL(善玉)の低下は動脈硬化を助長しますが、LDL(悪玉)も低下するならいいのではないか? いえいえ、VLDLが分解されずに中性脂肪が増えると、サイズの小さな未熟なLDL、「small dense LDL(超悪玉)」ができ易く なります。Small dense LDLは本来のLDL受容体にうまく結合できずにいつまでも血中に滞在します(普通は2日くらいの血中滞在時間が5日くらいに延びます)。血中滞在時間が長いほど血管内皮下に取り込まれる機会が増しますし、サイズが小さいほど血管内皮下に入り込み易いのです。だから、血中の中性脂肪濃度が高いほどLDLは小さくなり、酸化LDLになり易いということになります。

●まとめ

①ちょうどよい大きさの脂肪細胞の主たる仕事は、動脈硬化を抑えることである。
②内臓脂肪は細胞が大きくなり易く、大きくなるほど分泌されるホルモン系が動脈硬化を促進させる。
③内臓脂肪が増えると、血中の中性脂肪が増え、同時にHDL(善玉)が低下してLDL(悪玉)が小型化(超悪玉)する。結果として動脈硬化の引き金になる酸化LDLを作り易くなる。

つまり、もともと細胞内に準備しておいた容量をはるかに越える仕事量を現代社会が要求したために処理不能になったということです。一時代も二時代も前のパソコンで膨大な量の仕事を強いれば、コンピューターが暴走してもなんら不思議ではありません。新型コンピューターを急いで開発するよりも、要求する仕事量を減らす方がはるかに簡単で現実的だということは、誰でもわかることなのですが・・・。  

|
|

« ランチメイト | トップページ | 哲学者たちの老化 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

今日も一日お疲れさまでした。

ズボンのサイズが90㌢になった会社のボス(62才)が
「あ〜この腹なんとかならんかな〜。向日さんちょっと触ってみ?」と。

こういうのってセクハラよな〜と思いながら、お腹をポンポンしてあげました。

『なんとかならんかな〜』
…この言葉を聞き始めて二年近くになりますが。

なんでもいいから、二年やったら何かの結果がでるのにな…と思いました。

今月来月は楽しいイベントが続きます♪
楽しみだな〜みんな楽しんでくれるかな〜って思うだけで、もうすでに楽しいです。ワクワク。

今年残り47日で、ジャイ先生が一番楽しみになさっている事は何ですか?

投稿: 向日葵 | 2011年11月14日 (月) 22時26分

向日葵さん

やっとパソコンが変わりましたので、今までより若干使いやすいのですが、まだ慣れないことだらけです。

おたくのボスさん、やっぱりそれは立派なセク腹(笑)ですバイ!お腹は『なんとかならん』です、きっと。でも92㌢にはならないように頑張るようお伝えください。

とりあえず今週から一気に続く講演3件を乗り切り、11月30日〆切の依頼原稿を滑り込ませ、残りの短い原稿2件を終えたら晴れて年越し準備ができます。

12月といえば忘年会。去年はKARAでした。来年は4年に一度の少年隊の年。さて、今年私にオファーを出すグループはいるのかしら?

ちょっと早いですが、良いお年を~♪

投稿: ジャイ | 2011年11月14日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチメイト | トップページ | 哲学者たちの老化 »