« 「生活習慣病」の予防(前) | トップページ | 「生活習慣病」の治療(前) »

「生活習慣病」の予防(後)

(昨日からのつづき)

●禁欲的にならない:何のために食事制限をして定期的な運動をしているのか考えてみてください。生活習慣病を克服するために、食べたいものをじっとがまんして、したくもない運動をやむを得ず続けている人がいますが、それは正しいやり方ではありません。世の健康ブームと国を挙げての特定保健指導のおかげで、日本全体ががまんを強いられている気がします。元気で長生きをするために、あれはダメ、これはダメ、あれをしなさい、それをやめなさい、そんな禁欲的なことばかりをやってはいませんか?自分の楽しみを取り上げて長生きを目指すのではなく、もっとおいしく食べて楽しく運動する方法を見つけ出してください。そして、生活療法そのものが楽しくなるように工夫してください。やってみると意外に面白いものです。それを続けることが「生活習慣」です。

●健診を受ける:生活習慣病の多くは「サイレントキラー」と呼ばれ、まったく自覚症状がないままに病気を進めていくのが特徴です。ですから、初めての症状が脳卒中や心筋梗塞だったり、神経障害や腎障害といった糖尿病の末期症状で事の重大さに気付くこともめずらしくありません。それはもうひとつの生活習慣病である「がん」でも同様です。「生活習慣病」の予防として重要なことは、日頃から健康に自信がある人でも、きちんと定期健診を受けることです。日頃の生活療法の成果を体重や自覚症状だけで判断することはできません。特に企業で働いていない自営業の方や主婦のみなさんは、1年に1回は必ず健診を受けましょう。

(終わり)

|
|

« 「生活習慣病」の予防(前) | トップページ | 「生活習慣病」の治療(前) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「生活習慣病」の予防(前) | トップページ | 「生活習慣病」の治療(前) »