« 首輪 | トップページ | 体力医学 »

ストレッチジーンズ

数年前、義母がわたしの誕生日祝いにジーンズを買ってくれました。ずっと穿いていたスキニー系のジーンズが古くなって穿き伸びてしまったとぼやいていたからです。でも、いただいたジーンズはストレッチタイプであるにも関わらずちょっと大きめだったので、シルエットが若干野暮ったく見えて、つい穿かないことが多くなっていました。

それを数週間前に久しぶりに穿いてみました。最近ちょっと太ももが太くなったためにスキニー系ジーンズが穿き辛くなったこともあります。ところが、これが(残念なことに)とっても穿きやすく、シルエットも意外に良い感じなんです。ピッタリ合っている、と云えば聞こえは良いですが・・・。

それで、しばらく毎日それを穿いていましたが、先日また元のジーンズに穿き替えました。以前他人に忠告していたことを思い出したからです。「服は大きくて楽なものを着ると必ずそれにフィットするカラダに成長していくから、カラダが大きくなっても新しく新調しませんように!」・・・たしかに鏡に映る姿が別の意味でちょっと野暮ったくなった気がしました。くわばら、くわばら。

|
|

« 首輪 | トップページ | 体力医学 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首輪 | トップページ | 体力医学 »