« たまたま? | トップページ | 「般若心経 新訳」の衝撃 »

フィットネスの効果

先日のCareNetに「男性では心肺フィットネスの維持・向上が死亡リスクを軽減させる」というアメリカの報告が紹介されていました(Duck-chul Leeら、サウスカロライナ大学アーノルド公衆衛生学部運動科学部)。健康的な中年男性14000人を11年追跡した結果として、体重が減らなかったとしてもフィットネスを続けると心血管疾患か全死因の死亡リスクが30%減少し、心肺機能が向上した男性では40%も減少したのに対して、フィットネスが低下した人は死亡率が高くなったというのです。「フィットネスの維持または向上が死亡リスク低減に関与し、フィットネスを失った男性は体重の変化に関わらず死亡リスクがあがる。体重の変化にあまりこだわらず、単に運動を続けること自体が大切だ」という結論です。

これはまあ最近わたしも良く説明に使っていることです。とかく体重が増えたの減ったのにばかり皆の目が行ってますし、「検査データを改善させるために運動する」という世の考え方をダメだとは云いませんが、中年以降の人生にとって重要なのは細かい数値データの改善よりもアンチエイジングです。筋肉がなくなれば一気に歳を取ります。内臓脂肪を減らすために運動するよりも、若さを保つために毎日散歩をする方が、明らかに健康的だと思います。今回、それに加えて健康長寿のためには動き続けることが有効であるという客観的な事実を知ったことは、鬼に金棒です。

で、男性に絞って調査したということは、女性はそんな単純なものではないっていうことでしょうかしらん?

|
|

« たまたま? | トップページ | 「般若心経 新訳」の衝撃 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまたま? | トップページ | 「般若心経 新訳」の衝撃 »