« 存在の意義 | トップページ | 歩きながら見えること »

にんじん

スーパーに行きました。

大きなにんじんが1本40円でした。2本買おうとしたら、妻が悩んでいます。4本130円の袋が横にあったから・・・。

「うちは2本で十分でしょ。4本買ったって使わないんだから。」
「でも30円も得なんだよ。」
「4本で130円と2本で80円なんだから、結局50円も高いじゃない!」
「多く買っても食べればいいんだし・・・。」
「要らない、要らない。」

こうやって、ケンカになる前にさっさとその場を離れるのが常です。

こういう悩みは世の中にたくさんありますが、わたしはどうしてもこの手のはなしがダメ。「だんなさん、だんなさん、今ならこれがお買い得ですよ。こんな高級商品が今なら半額ですから」と、某デパートの衣料品売り場でしつこくわたしについて回る店員さん。「あんた、半額ったって、元が高すぎるでしょうが。買わなかったらタダだよ!」とココロの中で反論しながら、愛想笑いして逃げるようにしてその場を離れるわたし。本当はその隣にあった特売のポロシャツを買いたかったのに・・・。

2本80円と4本130円、考えるまでもなく明らかに2本80円の方が安いと思うわたしは変でしょうか。

|

« 存在の意義 | トップページ | 歩きながら見えること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 存在の意義 | トップページ | 歩きながら見えること »