« 突然の訃報 | トップページ | 王道の理屈 »

育児と禁煙

次期健康日本21「育児中の禁煙を目標に」-厚労省会議で委員が提案

今月初めに配信されたCareNetで気になった記事です。「次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会」という会合で、委員から「子育て中の禁煙などを盛り込むべきだ」との意見があり、厚労省はそれが具体的な数値を揚げることでどれだけの効果を見込めるかを検証できれば取り上げる方針であると答えた、と書かれていました。

これ、とても貴重な提案なので、ぜひとも目標に盛り込んでほしいと思います。喫煙による健康被害は、ほとんど放射線被ばくと同様かむしろそれ以上だと云われています。特にお母さんが吸うタバコの子どもへの影響は絶大で、奇形児が生まれる、低体重児やキレ易い子が生まれる、喘息や精神遅延が進むなどというデータはすでに大量に発表されています。大人の病気になるリスクよりはるかに大きな損失であることは明白です。

愛しいわが子がお腹にできたことがわかったとき、妊娠中や実際にこの世に生まれ出たとき、親は一番素直になれます。子どものためにはやめられる可能性は高いですから、それがとても大切だということを国を挙げてあちこちに掲げてくれるなら、絶対効果はあるはずだと思います。それをきっかけに家族みんなが禁煙をしてほしいという思いもありますが、それ以上に、子どもたちの生きる環境の中に初めからタバコが存在しなくなることこそが、将来タバコのない社会ができることにつながる最も重要な効果だと思います。

|
|

« 突然の訃報 | トップページ | 王道の理屈 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ジャイ先生

私も諸手を挙げて大賛成、と言いますか、
至極当然の事ですよね。

別に女性蔑視では有りませんが、子供よりもタバコやパチンコが好き! では論外ですし、将来を見据えてもらいたい物です。

「疑わしきは罰せず」も憲法で保障されていますが、国民の健康、生命を守る厚生労働省は、もっと「予防保全」に力を入れて欲しい物です。

タバコはモロ、麻薬でして、LSDやモルヒネ、ヘロインがダメでタバコはOKなんて、アホにも程が有ると思います。

私は生まれてから此の方、一服もしていません。
小学生から柔道を遣っており、仲間が一服すると、たちどころに寝技等の持久力が無くなるのを見ていましたので、タバコを吸ったら柔道を止める時、と頑なに拒んでいました。

今でも、胸部写真を撮りますと、綺麗なものです(下の方に、若干の結核跡の石灰化は有りますが)。

当然、お酒は「百薬の長」でございまして。

         時ならぬドカ雪の仙台市 asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年2月26日 (日) 17時06分

こちらに書き込みします。
いまだに子育てをしたことのない僕ですが、いつか、父親に成る時、煙草をやめるかも知れません。
と、書きつつも、いま吸っている時点で説得力も全くありませんね。。。

胸部は、まっくろ黒すけだと思います。ぜんぶ自分のせいです。

ジャイさま

高千穂神社→国見ヶ丘→天岩戸神社(天安河原も。)を巡り、宮崎に。

昨夜の百薬。

そして
奥さま・ベル・セイラ。
会えてよかった。

思い出の今日。
ありがとうございました。

投稿: キノシタです | 2012年2月26日 (日) 20時12分

asuka3hさん

おはようございます。
「長生きなんかいらない。オレに健康志向なんかないし、特段やり残したこともない」と云って、禁煙を勧める先輩諸氏の言葉を無視していた私が禁煙したのは数年前です。単に職場の禁煙担当にさせられただけ。でも、今はもうカラダが受け付けません。「禁煙した人間の方が吸ったことのない人間より禁煙指導に向いている」とは思いませんが、吸ってる人の気持ちはよく分かります。麻薬中毒の人間に理屈は無意味。だから吸ってる人に「やめろ」という気はありません。ただ、お母さんだけはダメ!子どもたちへの影響が大きすぎる。今後出産の可能性のある若い御嬢さんもダメ。ファッションで吸うなら、もっと他にマリファナでも大麻で吸ってちょうだい。タバコの方がはるかに毒なんだから。国は税収が大事だから絶対「毒」とは云わないからね!と、云い続けることにしています。

投稿: ジャイ | 2012年2月27日 (月) 06時28分

キノシタさん

かなりのハードスケジュールになりましたね。もう長いこと高千穂にも行ってないけど、私の第二の故郷、神の国タカチホは変わりはなかったでしょうか。

禁煙はね、したくなるときが来ますから、その時には自分に素直になって禁煙外来に行ってください。麻薬中毒を治すのは根性ではありません。治療です。自慢じゃないが、私がタバコをやめたのはあなたより10歳以上後です。

残りのバースデー旅行、宮崎の旅を楽しんでください。

投稿: ジャイ | 2012年2月27日 (月) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然の訃報 | トップページ | 王道の理屈 »