« 会議 | トップページ | いらだち »

骨密度

人間ドックで骨密度を毎年測る意味があるか、ということはいつも問題になっています。答からいえば明らかにノーです。

あのアバウトな検査の性質からしても、あるいは骨のカルシウム吸収のメカニズムからしても、それがたとえ更年期真っ只中の女性だとしても毎年微妙に変わる値に一喜一憂する意味はありません。ただ・・・皆さん測りたがります。「あの検査があるからわたしは毎日頑張って運動しているのに」という女性は少なくありません。あの値が数%変わったからといって(それが良くなっても悪くなっても)、たぶん努力の成果とは関係ありませんよ、と忠告してみても「それでもいいんです。励みになるんですから」と・・・。

そんな方に先日MTProで紹介されていた米国のコホート研修の結果を話したら何というでしょう。65歳以上の女性では、骨密度が正常かやや減少している程度であれば全体の10%の人が骨粗鬆症になるのに15年かかり、中等度減少している人は5年かかる(N. Engl.J.Med:2012:366)というもの。これに従えば、75歳で骨密度がOKならたぶんもう一生骨密度など測る必要などない、ということになるし、中等度でも次は5年後で良いということになる(高度減少の人は1年後には全体の10%が骨粗鬆症になるそうですが、そんなことを待つまでもなく高度減少=骨粗鬆症なわけで、健診で云々という次元ではありません)のです。

骨密度は、どんなに良いカルシウムを摂っても良くはなりません。重力に逆らう運動をして骨を軋ませるしかありません。しかも絶対上昇することもありません。となると、日々健康的な人生を送りながら、3~5年後に検査したときの楽しみに取っておいたらいかがでしょうか?

|
|

« 会議 | トップページ | いらだち »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

骨密度…測った事ないけど…
測った方がいいんかなー
と思ってたけど。。


女子サッカー!!
男前!!…でした!!

ロンドンが楽しみですねー

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年3月 8日 (木) 19時24分

ぱみゅさん

ぱみゅさんは、検査いらんです。元気に動き回っているから。歌いまくっているから(これは関係ないかな)。

女子ジャパンのあの明るさ、男子にほしいですね。あんなに明るければそりゃ福も寄ってきますよね。


投稿: ジャイ | 2012年3月 8日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会議 | トップページ | いらだち »