« 死の理由 | トップページ | 危機管理 »

死に方

死に方」の理想とは?・・・身近な人や友人の死があると、その都度そんなことを考えてしまいます。

本人にとってみれば、やはり『ピンピンコロリ』でしょうか。「こころざし半ばにして無念だったろう」とか「子どもがまだ小さいから心残りだろう」とか、残った人間は故人を偲びながら云いますが、本人はそんなことを思っているだろうか?自分がまだ経験したことがないのでわかりませんが。でも、直前まで好きなことをしていて、突然発作が起きる・・・できたらくも膜下出血や心筋梗塞のような想像を絶する苦しみではなくて心室細動でふわーっと逝きたい・・・死の恐怖も悲観もないままに、予定のない人生の終焉。少なくともわたしはそうありたい。どうせ魂は生き続けるのだから。

問題は、残される者にとってはどっち?ということ。愛する家族や恋人が、突然居なくなるのと「あと3か月」みたいに人生を区切られるのと。前者が突然死やぽっくり病であり、後者ががんなどでしょうか。居なくなる前に話しておきたいこと、してあげたいこと、してほしいことがあるから後者が良いのか?でも最愛の人が消えてなくなるまでのリミットがどんどん近づく恐怖に耐えられるだろうか?突然死は呆然としてしまうけれど、もしかしたらこっちの方が整理がつきやすいのかもしれないとも思うのです。

手術不能の胃がんで病院で死を待ったと、何の前触れもなく突然居なくなったと、わたしの両親はそれぞれの居なくなり方をしました。後悔し悼むことは残された者の義務ですが、どっちのときも遠く離れていたわたしは、何とも云えません。

|
|

« 死の理由 | トップページ | 危機管理 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!!

今日はブログ友達の
『しずなちゃん』の
お誕生日です!!

お祝いできる日が
ひとつ増えて

うれしい☆です♪♪

また遊びに来てねー

コメなくてもイイよー

チラッと覗いてね!
美女達の宴。。


投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年3月 2日 (金) 07時42分

ジャイ先生

おはようございます。
毎日、機知に富んだお話を戴けまして、楽しみにしております。

ここ一週間近くのテーマにつきまして、自称「宗教研究家」の私としても、一言ございます。

そもそも宗教の誕生の所以は「死の恐怖心」を取り除く事、の様です。
勿論、社会秩序を保つ為の「教育」等の役目もしてはおりますが。

やはり生物全般に亘り、「生は偶然、死は必然」の通り、「死」からは絶対に逃れられません。
その「得体の知れない死」に対しての「好奇心と恐怖心」を、如何にソフトランディングさせるかが「宗教」の最大の役目と思われます。

未だ、先生の様に「死」と言う言葉を日常平然と? 使っている間は「死神」は遠くで息を潜めて見ているだけです。

しかし年齢であり、健康状態であり、本当に身近に死神が片時も離れずに寄り添うようになりますと、死神の形相に恐怖おののき、「死」と言う言葉は禁句になってしまいます。

ボケ、痴呆症・・・種々の表現方法が有りますが、アレは神仏の情けとして「死の恐怖心を取り除く為」とその世界では言われております。

先般、かの有名な学者「Dr.ホーキンス」が「死後の世界は無、であり魂もヘッタクリも有りませ~ン」と言っていました。
何かの歌の文句で「死んでしまえばカルシューム」と言うのがありました。
現代科学の粋、ともいえると思います。

繰り返しとなりますが、ジャイ先生は未だ「死」とは縁が薄いようです。
でも・・・お釈迦様のお教え通り「死は必然」からは「絶対に」逃れられません。

順当であれば、私が先でしょう!

 憎まれっ子世に蔓延る と言われている asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年3月 2日 (金) 09時17分

ぱみゅさん

アラフォーしずなちゃんさんにどうぞおめでとうございますとお伝えください。皆さん、本当に楽しげでかつ力強い感じが伝わってきます。

投稿: ジャイ | 2012年3月 2日 (金) 21時08分

asuka3hさん

ありがとうございます。もうしばらくは卒業させてもらえない、ということでございますね。

死に直面したことがないからかもしれませんが、私は今までの人生であまり死に対する恐怖心も生に対する執着心も持ったことがありません。

投稿: ジャイ | 2012年3月 2日 (金) 21時12分

なんで

アラフォーって

知ってるの。。。?

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年3月 2日 (金) 21時27分

たびたびすみません。。

しずなちゃんが
「ベンガルさんに遊びに来てくださいってゆーといてください」って言ってましたのでお伝えいたします。。

で、誕生日プレゼントに
出版する本をくださいって言ってました。。

では、失礼いたします

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年3月 2日 (金) 21時55分

ぱみゅさん

ありがとうございます。
しずなさんによろしくお伝えください。
埼玉までそっと覗きにまいります。
本は、いつどこで発行されるのか、下っ端の私はよう存じ上げませんが。

投稿: ジャイ | 2012年3月 3日 (土) 06時44分

なんで

埼玉って

知ってるの…

はっ!!もしやっ!!
ストーカー!?

投稿: ぱみゅぱみゅ | 2012年3月 3日 (土) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死の理由 | トップページ | 危機管理 »