« 腹筋 | トップページ | 深く掘る »

何が肌を変えた?

海岸沿いの小さな町に医療系のカレッジがあります。そこの学校健診に行ってきました。わたしの担当は新1年生と新4年生。4年生の中に見覚えのある子が何人か居ましたので、たぶん彼らが1年生のときに診察をしたことがあります。

初々しかった新入生のころに比べて皆大人になったなあと思う一方で、気になることがありました。皮膚が荒れている子が妙に多いということです。掌がカサカサだったり赤く変色して皮が剥げていたり、あるいは頸部にみられる強いアトピー性皮膚炎の様相。なんでこんなに荒れているのだろう?と不思議に思いました。こんなのどかな田舎町なのに、空気や水の質が悪くなったとか、使っている消毒液が安物に変わったとか・・・いろいろ詮索してみましたが答がわかりません。

ところが、新1年生の中にも掌の荒れ方が尋常でない子が数人、それも男の子ばかり。「これ、アトピー?」と聞くと、「いえ、あかぎれです」との答え。「えらい手が荒れているね」と他の子に聞いたら「ボクは子どものころからなんですよ」と。新1年生がこれだということは、これがこの土地や学校の問題ではないだろうことを察することができます。

一体今、若い子たちに何が起きているのでしょうか?二十歳前後の男の子がまるで水仕事を生業にしているおばちゃんのような手をしているのです。尋常ではありません。肌に塗る香水や整髪料の影響だとしたら、それは猛毒だと言わざるを得ません。あるいは子どものころから手洗いをし過ぎているのかもしれません。ことあるごとに手洗いを躾けられ、その都度せっけん(下手すると薬用せっけん)を使って温水で洗っているのではなかろうか?もしそうだとしたら不幸な限りです。『自分を守るためにできるだけ手を洗わないようにしよう』運動実行委員長としては、彼らの行く末が心配でなりません。

|
|

« 腹筋 | トップページ | 深く掘る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

一体全体、何が起きているのでしょうか?

自称、『自分を守るためにできるだけ手を洗わないようにしよう』運動実行委員会名誉総裁としては、甚だ情けない事と、開いた口が塞がりません!

弊社製品を使えば、半月足らずでピカピカの肌に戻ると思われます!
決してPRだけではありません。

私は出来るだけ、手を洗わない事にしています!
家族からは「不潔!」と罵られていますが・・・ただ面倒なだけで、大儀はありません。

でも、ウォッシュレット・トイレなんかは最悪ですね。
水道直結の塩素を「適温」で女性の肝心な所にスプレーするので、1週間も続けて使いますと、ガサガサになりますネ。

綺麗好きがよいか? ハタマタ不潔!が良いかは、
皆様、お好きな様に!

何事も自然体がエエですね。

          不潔と罵られている asuka3h 拝

投稿: asuka3h | 2012年4月20日 (金) 16時25分

asuka3hさん

本当に、今の世の中はどうなって行くのでしょう。確かにお宅の製品の出番ですね。でもきっと世の多くの若者が今これを常識としているのでないか(というかその親たちや学校の先生たちが)という末恐ろしい現実を見た気がします。さすがに私は医療人なのであまり声を大にしては云えない(云いはしているけど必ず嘲笑される)けれど、「綺麗」の定義がどこか間違っている気がしてなりません。医療現場でやむを得ず使うのでなければ、できるだけ自然のままの抵抗力を自然のままに得て欲しいと切に願っております。

投稿: ジャイ | 2012年4月20日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹筋 | トップページ | 深く掘る »